無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

心理カウンセラー②
〇〇
え、なんで?
大吾さん
恭平はチャラいやん。
大吾さん
あなたさんは大人しいタイプやん。
大吾さん
多分やけど、恭平は普通の女やったらホイホイ近寄ってくるのにあなたさんだけは唯一近寄ってこなかった。
大吾さん
だから、逆にあなたさんのこと気になった。
大吾さん
見たらダメだよって言われたら痛くなっちゃう的な感じで。
大吾さん
あなたさんはそれに気づかなかったんやなーそのすずちゃんも。
〇〇
えっていうことは、
大吾さん
恭平みたいなタイプは「逆に気になる」は、あるあるやから恭平からの気持ち、信じてもええんちゃうかな?
大吾さん
実際俺もそうやしな笑笑


そう耳元でささやかれた。
〇〇
本当ですか??騙されないですか?
大吾さん
大丈夫や。
大吾さん
恭平はあなたさんのような大人しくて、可愛い子の扱いになれてないだけだから。
〇〇
女の子の扱いは手馴れてるはずじゃっ...
大吾さん
慎重に接してるんだよ
大吾さん
絶ッ対傷つけたくないから。


絶対傷つけたくない?恭平くんがそう思ってくれてるの?

不安しかない。
傷つけたくないなんて言葉だけだったらって思ってしまう。

〇〇
私、恭平くんに話そうと思います!
大吾さん
でも、不安しかないねんな?
〇〇
え!なんで分かったんですか!
大吾さん
さっきから分かってたわい笑
大吾さん
あなたさんは不安になると鼻すすってる。
不安なときの癖それ。
〇〇
っ///結構恥ずかしい...
大吾さん
大丈夫!行ってこい!

そう背中を押され恭平くんの元に走った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

yamayama。
yamayama。
なにわ男子とキンプリと美少年ファンですッ! 仲良くやってきましょー フォロバしまス 癖強め中学1年生〜です。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る