無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

聞いたらね、
道枝さん
ホントに何があった?...?
〇〇
あ、あの
〇〇
...恭平、くんって女子のこと本気で好きになったことないんですか?
〇〇
本当に女子落とすの得意なんですか?
〇〇
女の子を大切にしないんですか!?
長尾くん
ちょ、ちょっ、ちょっと待って?
長尾くん
えーっとまず、女を本気で好きになったことかあるかどうか、か。
道枝さん
うーん、どやろなぁ
長尾くん
まぁないな




うわ〜やっぱり。
グサって来たぁ



〇〇
そぅですよねー
長尾くん
で次は落とすの得意かどうか
道枝さん
そりゃあ得意に待ってるやろ!
〇〇
そうですよね、やっぱりっ...
〇〇
ごめんなさいっ、...

すっごい悲しかった。

すずが言ってたこと合ってて、
期待してた自分がアホだったんだって。




手で拭いきれないほどの涙を流しながら、全力で走った。






長尾くん
あ!あなたちゃん!
長尾くん
待って!
道枝さん
話最後まで聞けよなー
長尾くん
え?
道枝さん
最後の質問、俺ら答え言ってへん
長尾くん
確かに、、
道枝さん
恭平、女がピンチのとき助けてるで?
道枝さん
なんでそれ聞かないかな
長尾くん
あいつの優しさはあとから気づくって笑
道枝さん
せやな
道枝さん
てかあの反n...
長尾くん
恭平のことが好き、やろ?笑
道枝さん
そう笑








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





私が長尾くん達に色々聞いたあの日、つまり恭平くん
に告白された日から結構時間が経った。

体育祭とか色々終わったのにあれから1回も話してない。

いやちがう、お互い無視してる。

〇〇
大橋さん...
〇〇
大橋さんに会いたい。




なんで会いたいか分からないけど会いたい



すずに予定を合わせてもらい大橋さんに会いに行った




大橋さん
やぁ、山口さん!
〇〇
あ、あのっ!大橋さん、
大橋さん
ちょっと待ってー!
大橋さん
苗字呼び堅苦しいからやめへん?
〇〇
では、和也さんで。
大橋さん
で、どうしたの?あなた。
大橋さん
急に会いたいだなんて。
大橋さん
なにかあった?


ほんとに和也さんは優しい。

真面目な顔をして聞いてくれる




〇〇
いろいろあって、

恭平くんに告白されたこと長尾くん達と話したこと、
全て話して相談した。

大橋さん
そっか、いろんなこと乗り越えてこれたんだね
大橋さん
偉いよ。凄いことなんだよ?
〇〇
そ、そうですか...?
大橋さん
そんな暗い顔しないで、
大橋さん
ね?分かった?
そう言って優しく頭を撫でてくれた
〇〇
ほんとに感謝しかないです!
〇〇
ありがとうございました、、(?)




お礼言ったのになぜか和也さんの表情がおかしい、?

怒ってる?






大橋さん
っはぁ、
大橋さん
あなた、まだ言いたいことたくさんあるでしょ?
〇〇
えっ...
大橋さん
顔に書いてあるんだけど。
大橋さん
まだ我慢してる。
〇〇
ないですよ!大丈夫ですよ!
大橋さん
もう、ばか
大橋さん
嘘バレバレなんですけど?笑
大橋さん
ちょっと来て
〇〇
え、どこに!?
大橋さん
いいから早く




優しく手を引っ張ってくれた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

yamayama。
yamayama。
なにわ男子とキンプリと美少年ファンですッ! 仲良くやってきましょー フォロバしまス 癖強め中学1年生〜です。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る