無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

34
2018/08/26

第6話

放課後  図書館

ごめーん待った〜?
って、可愛く言いたいけど待ち合わせの20分前に来てしまった笑

(小声)ここでーす
あ、ごめ。待った?
優くんを謝らせちゃったよお😭
女子かよ!!
ううん。全然!
20分待ちましたが笑
どこからわかんない?
まぁ、今日の授業は中学校内容だったけど
え、そうだったの?!
ちなみに君が答えられなかったのは中一内容でした笑
まじか…
やばいね笑
やばし😭
教科書を開く。
あ?一次方程式…?いちじほうていしき。いちじほーてーしき…

こ…のんなのやったっ…け?
中一レベルでーす
ここがわかんないから?
分配法則して、移項して、、
あ、なんだ。
わかった!x=2だ!
そそ、
それで今日の問題ではそれで終わりじゃなくって、xを代入して、、
わあー!そっか!ありがとう!
これで終わりじゃないけどね
あ、これ中一レベルだったわ…

で、どうしてここに5分の1がでてくるの?
それは…
あっ!だからか!!
あ、もう7時…
ほんとだ、今日で結構出来たでしょ?
うん!!ありがとう!!ホントにありがとう!!
いやーめっちゃ優くんわかりやすくて!!
中間100点とれるかもーーぉ!
じゃ。明日ね
うんっ!バイバイ☆
私はウキウキ気分のまま図書館をでて、分かれ道で優くんとばいばいした
茉愛
誰アイツ…