無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

25
2018/08/27

第8話

あなたおっはよー‪☆
今日はいい朝!!空も雲ひとつない青空!!
そして私は元気いっぱい咲ちゃん!
あなた
テンションどうした

あ、昨日なんか進展あった?入学してから2日目でw
特に…何も
うんうん。何も変わらなかったわ。
教室ー……
優くんおはよ!!昨日はありがとうー!
それで成績上がればいいんだけどね笑
ちらっ…

なんか視線を感じる…みんな優くんを見ているのか、、
んー
なに?
ううん!なんでも!
朝イチから優くんと話せた☆
隣の席はサイコーー!!
茉愛
ねぇねぇ、咲きちゃぁーん!
ちょっとこっち来てくれるぅ?
だ、誰…?
なんか怖いような…まさか、もしや修羅場的な??😭
あなたいないし、、
はーい!

じゃあちょっと行ってくるね!!
茉愛
はやくはやくぅー!
腕を引っ張られ廊下にでてきた。
と、思ったら女子トイレに連れていかれた。

な、何?
茉愛
あんたさ、
お名前をお伺いしたいんですけど
茉愛
私の名前も知らないの?!
そっかぁーそだよねぇー優くん大好きばかだもんねぇー
何それ…
茉愛
(ふふっ)皆言ってるわよ?こんなブスが優くんに近づくなって笑
茉愛
だから私はぁ、そんなかわいそうなかわいい咲ちゃんのために忠告してあげたの!
なんで私が優くんのこと好きってみんな知ってるの?!凄っ!
茉愛
(なんでコイツメンタル図太いの💢)
だからね。
茉愛
もう二度と優くんに近づくな。
これ以上近づいたらいじめられちゃうよぉ?

あ、このこと絶対優くんに言うなよ?
は?
あ、よくわかんない女の子は同じクラスだったみたい。
顔を可愛くしてから出ていった。可愛くないけど。
なんであの人に言われないといけないんだろ。
名前なんだっけ

まあや…茉愛…

相川 茉愛…
あなた……あなたよぉ…
あなた
さっきのテンションどこいった

何?なんかあったなその顔は
あなた…茉愛って人に脅された…
あの笑顔は偽もんだ…
あなた
水谷に近づくなってことでしょ?絶対
うん、そう。
あなた
まぁ、咲は席隣だから大丈夫でしょ☆
なんかあったら相談してー
そっか!席隣だったんだ!!
あなたありがとう☆
キーンコーンカーンコーン

えっと、授業は社会。地理かな
茉愛
せんせぇい!!

茉愛、目が悪くて黒板の字見えないんですけど…
(ゴクリ…)
私の席は2号車の前から2番目…

1番前は元々目が悪い人とかでうまってる

と、言うことは、、
「そういうのは昨日までに言ってくれ。
まぁ、しょうがない。前の列は皆目が悪いか…」
あなた
先生あなた席代わってやってもいいですよー
あなた!!あなたの席は3号車の前から3番目か…
茉愛
あなたちゃんありがと!でも、3番目だと、ちょっと見にくいから…ごめん
「うーん。
じゃあ、鈴野の席に相川行け」
茉愛
あ!そこならちょうどいいです!!

咲ちゃん変わってくれる??
(視線がみんな私に集まる。
私だってこの席がいい。)
私の視力は両目1・5以上だから、どこでもいいんだけど
うん。いいよ。
「じゃあ変われ」
茉愛
はぁーいー!
優くん!!よろしくね💕
うん。よろしく
(私の隣の席は、、誰だっけ。橘 涼介)
ペンポーチに書いてある名前をみる。
たちばな、りょうすけ、、
橘くん。よろしくね
うん よろしくっ!
(おお!ノリがいい!)
あーあ。優くんと離れちゃったよ😭