無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

昼休み…
                          あなた
放課後体育倉庫か…
ころんは何を話すんだろう…
もしかして!呼び出して、実はなんでもない〜的なドッキリ?
いや、ころんに限ってそれは…
なんで呼び出したんだろう…
さとみ
さとみ
おーい
さとみ
さとみ
なんか元気ない?
さとみ
さとみ
大丈夫?
あなた

大丈夫!ちょっと考え事してただけ!

さとみ
さとみ
なるほど〜‪w‪そういうことなら
さとみ
さとみ
この、お悩み相談のさとちゃんが聞いてあげるよ?
あなた

ありがと〜さとちゃ〜ん

さとみ
さとみ
で?なんかあった?
あなた

実は…(朝のことを話す)

さとみ
ころんのやつ、ついに告白するのか
てか、あなた鈍感すぎだろ‪w‪‪w‪
ころんのあの表情見ても分からないのは逆にすごいぞ‪w‪‪w‪
まぁ、頑張れころん!
あなた

って感じなんだけど
どう思う?

さとみ
さとみ
う〜ん、とりあえず体育倉庫に行ってみるしかないんじゃ?
あなた

でも、ドッキリだったらどうする?‪w‪

さとみ
さとみ
ドッキリだったらあのころんが真剣な顔しないだろ‪w‪‪w‪‪w‪
あなた

確かに!

あなた

ありがとう!さとちゃん!

さとみ
さとみ
いやいや、こんなことで役に立てた?‪w‪‪w‪
あなた

うん!ありがとう!

さとみ
さとみ
あ、でも…
あなた

ん?

さとみ
さとみ
男が女を体育倉庫に呼び出すってことは告白かも…?
さとみ
いい感じの気持ちにさせておこう(^q^)
あなた

それは無いでしょ‪w‪‪w‪‪w‪‪w‪

あなた

だって、私がなーくん好きだってこところんは多分きずいてると思うし

あなた

絶対ない!

さとみ
さとみ
そっそっかぁ…
さとみ
まじか
絶対ない!とかめっちゃ否定するじゃん( ˙-˙ )
さとみ
さとみ
まぁ、とにかく頑張れ!
あなた

う、うん?