無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
508
2019/08/24

第1話

可愛い彼女ちゃん
『』  あなた
「」 たなっち










tanacchi_side_



















『ねーねー』



「んー?」



『かまって』





俺の彼女はかわいい。





「編集終わったらね」



『えー、、』



『今がいい。だめ?』



なんて上目遣いで聞いてくるからいいよって言いたいけどここは自分に厳しくしなきゃ。



「だめ」



『んー、、』



『たな〜??』



「なにー?」



『買い物行ってくるね!』


え、そんなこと言っちゃう?()
あ、誰かと?それでも俺悲しい()



「ひとりで?」



『うん』


え、ちょっと待て。この可愛いやつひとりで行くとか言い出したぞ?

おい、よく考えろ俺。

こいつひとりで行かせたらナンパされまくるぞ、、

だめだ!!!、


「だめ。ちょっと待って。俺も行く。」



『え?編集しないの?』



「帰ってからするからいーの。」



「ほら、行こ?」



『う、うん。』


なんてちょっと嬉しそうに言う彼女。

かわいい。









_買い物終了_
『帰ろっ』



「ん、」


やっぱりせっかく来たんだから荷物持ちならなきゃなと思って彼女の荷物を持った。



『だめ!』



「え?」




だめと言いながら彼女のいる方に持っている袋を彼女が取って俺と手を繋いだ。



『手繋ぎたいから私が持つの!//』



「…///」



顔を赤らめながらそっぽを向く彼女の手をぎゅっとしてふたり仲良く帰った。