無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

【彼氏が三股してました】
禰豆子
禰豆子
ねえねえ〜、あなたちゃんいる?
(なまえ)
あなた
えっマジか



クラスに禰豆子ちゃんが遊びにきた。
手にフランスパンを持っている。()




……会ってからいつか?

…8時間(
禰豆子
禰豆子
一緒に帰ろ!
(なまえ)
あなた
あ、いいよ



禰豆子ちゃんに返事し、カナヲに声をかける。
(なまえ)
あなた
ってことだから、今日は帰れない! ごめん!



すると、カナヲが微笑み、手を振り返してきた。



いいよ、という意味だろう。

禰豆子
禰豆子
じゃ、帰ろ!
(なまえ)
あなた
おっけっけ



2人でルンルンで歩く。


空は曇っていた。
(なまえ)
あなた
傘必要かなぁ
禰豆子
禰豆子
いらないんじゃない?
(なまえ)
あなた
あ、スタ○行く?
禰豆子
禰豆子
うん! 行こうか!




禰豆子ちゃんと一緒にス○バに入る。

(なまえ)
あなた
私ココア! 禰豆子ちゃんは?


そう言った時、禰豆子ちゃんが凍っているのが見えた。
(なまえ)
あなた
…………禰豆子ちゃん?




禰豆子ちゃんの肩越しに店内の奥を見た。


すると、こっちを見ながら固まっている、無一郎と、カナヲが…………。



お互いの腕を絡めていて、どう見ても恋人同士…………。





って。

(なまえ)
あなた
カナヲ⁉︎⁉︎⁉︎⁉︎
禰豆子
禰豆子
何やってんだよくそおおおおおおおおおおお!
(なまえ)
あなた
お前……
無一郎
無一郎
ご…ごめんなさい……?
無一郎がおどおどと声を出す。

(なまえ)
あなた
死ねえええええええええええええ!!!!!
禰豆子
禰豆子
地獄に落ちろおおおおおおおおおおお!!!


おどおどしているカナヲを押し退け、無一郎を禰豆子ちゃんと2人で殴って、髪を毟って。

























時透無一郎。命日でした。←