無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

【あの人】
カナヲ
カナヲ
『ずっと、いろんな女の子に声をかけて、ヤラせてたの』
(なまえ)
あなた
……え?
(なまえ)
あなた
嘘…でも、無一郎は、そんなこと…






こんな状況でも思わず庇ってしまうのが憎い。



カナヲ
カナヲ
『ううん、私も誘われたことある』
(なまえ)
あなた
っ、え⁉︎




思わず叫んだ。









綺麗だと思っていたカナヲが汚れているように思えて、今すぐスマホを叩き割りたかった。



カナヲ
カナヲ
『ううん、私は断ったけど』
(なまえ)
あなた
っ、そっか






無一郎って…なんなんだよ。





はらわたがにえくり返るようだった。


竈門さんが、無一郎が、憎い、憎い、憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い
憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い!!!!!!!










next→→→→→→→→→