無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

【涙】
(なまえ)
あなた
、、ありがとう
カナヲ
カナヲ
『ううん、大丈夫!明日…学校、来れる?』




カナヲが小さな声で聞いた。






カナヲも、無一郎も同じクラスだから気遣ってくれたのだろう。





(なまえ)
あなた
ううん、大丈夫!




弾む声で私は応えた。
カナヲ
カナヲ
『…そっか!じゃあまた明日!』
ツーっ、ツーっ、ツーっ。














通話を終えるとハラハラと涙が零れた。





(なまえ)
あなた
無一郎…なんで………
(なまえ)
あなた
やっぱ、ダメだ……




next→→→→→→→→→