無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

【やっぱ】
カナヲ
カナヲ
『無一郎君…やっぱねえ………』





私はカナヲのその言葉に引っかかるものがあった。



(なまえ)
あなた
やっぱ…って?
カナヲ
カナヲ
んっとね………













カナヲは少し躊躇うように黙った後、話をしてくれた。

カナヲ
カナヲ
えっとね、あの人は––––––––



next→→→→→