無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4話
デュース視点
デュース
デュース
(ルーナがいつでも来てくれるのはもちろん嬉しい)
デュース
デュース
(、、、だけど、、、またルーナを巻き込みそうで怖い、、、)
――――――――――――――――――――――――
数年前
俺が荒れ始めた頃
ルーナを巻き込みたくなくてルーナに隠していたが
、、、すぐにバレてしまった
モブ
皆!!やれ!!
モブ
おらぁ!!
ボコッ
幼い頃のデュース
そんなものか!!
モブ
うわぁ!!
バキッ
モブ
・:*三( ε:)`д゚)・;"
幼い頃のデュース
はぁ、、、はぁ、、、
幼い頃のルーナ
、、、デュー、、、ス、、、?
幼い頃のデュース
?!
幼い頃のデュース
ルーナ?!
モブ
ッ、、、こいつを殺れば、、、
幼い頃のルーナ
、、、え?
幼い頃のデュース
ッ、、、ルーナ!!
ボカッ
幼い頃のルーナ
痛いっ!!
幼い頃のデュース
お、お前っ!!
幼い頃のルーナ
、、、
幼い頃のルーナ
ねぇデュース、、、
幼い頃のルーナ
デュースは、、、これからこんな風な生活を送りたいの?
幼い頃のデュース
、、、え、、、
幼い頃のデュース
あ、ああ、、、
幼い頃のルーナ
、、、なら
バキッ
モブ
( ゚∀゚)・∵. グハッ!!
幼い頃のデュース
、、、え、、、
幼い頃のルーナ
私も、、、一緒にやるよ
風に吹かれながら光る、白くて長い銀髪




白い肌に、薄らと赤い唇




透き通った青い目





頬に飛びかかった赤黒い血




優しく微笑む、、、










そんな君に、、、僕は一瞬だけ、、、



























恐怖を抱いた











お母さん
お母さん
どうしてくれるんですか!!
お母さん
お母さん
あなたの息子さんのせいでルーナが、、、
デュースのお母さん
すみませんっ!!すみませんっ!!
デュースのお母さん
ほら!!デュースも謝りなさい!!
幼い頃のデュース
、、、ごめんなさい
幼い頃のルーナ
、、、お母さん、デュースを責めないで
お母さん
お母さん
え、、、
幼い頃のルーナ
、、、これは私が決めたことなの
幼い頃のルーナ
だからデュースを責めないで
お母さん
お母さん
、、、ルーナ、、、
デュースのお母さん
ルーナちゃん、、、
お母さん
お母さん
、、、すみません、私、ちょっと言いすぎました
お母さん
お母さん
思わず頭に血が上って、、、
デュースのお母さん
いえいえ、こちらこそ、、、
お母さん
お母さん
ごめんね、、、デュースくん、、、
幼い頃のデュース
、、、いえ
お母さん
お母さん
、、、これからもうちの子と仲良くしてくれる?
幼い頃のデュース
!!
幼い頃のデュース
当たり前です!!
幼い頃のルーナ
デュース!!
幼い頃のルーナ
大好き!!(´。>ω(•ω•。`)ぎゅー
幼い頃のデュース
うぇ?!///////
幼い頃のデュース
、、、僕も、、、好き、、、
お母さん
お母さん
あらあら、ふふっ
デュースのお母さん
、、、これは、、、くっ付くのも時間の問題ですね、ふふっ
お母さん
お母さん
そうですね