無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

鳥は羽ばたき、私は地に落ちる。
瑠夏
大聖?会いに来たよ
大聖
おー…
瑠夏
瑠夏
なんかテンション低くない?
大聖
いや、別に
瑠夏
何?なんかあったの?
大聖
いや、お前こそなんかあったのかよ
大聖
あいつらと
ドクン。

私の心臓が大きく揺れた。
瑠夏
なんもないよー!仲良く練習してますよ
大聖
……
大聖
嘘つき(ボソッ)
瑠夏
え?
大聖
嘘つくなよ
大聖
昨日東野がお見舞い来てくれたんだ
大聖
そしたら、縁を切るって言って…
瑠夏
違うの
大聖
違くねぇだろ?!
大聖
全部、全部東野から聞いてんだよ!!
大聖
ったく、俺がいない間に何してんだよ…
瑠夏
だって…
大聖
だってじゃねぇ。
大聖
流石に縁を切るは言い過ぎだと思う。
大聖
だから、あいつら怒ってんじゃねぇの?
大聖
お前はいわゆる、「自己中」ってやつなんだよ
瑠夏
なんで…
大聖
あのなぁ、なんでお前が縁を切るって言ったのかは知んねぇけどよ
大聖
そんなんじゃ、勝てねぇぞ。
瑠夏
……
大聖
団体競技は、協力.助け合いが必要なんだ。
大聖
お前らには今、試合に出る権利はねぇ。
大聖
さっさと出てけ
瑠夏
え…
大聖
もう、お前の顔なんて見たくねぇ…
瑠夏
…っ…!
瑠夏
最低!なんで?!なんで全部私のせいなの?!みんなして酷い!!
大聖
全部お前のせいだよ
瑠夏
ねえ。大聖待って。聞いて。
行かないで…
瑠夏
話したいことが、あるの。
大聖
俺はない
瑠夏
大聖は、試合にでれない
大聖
……
瑠夏
私がそう思ったから。
大聖
お前の思ったことは全てその通りになるわけじゃねえし
大聖
馬鹿じゃ…
瑠夏
違うから。
瑠夏
全て現実になるから。
瑠夏
あの殺人事件も、私の思い込み。
大聖
は…
大聖
だからなんだよ?何がなんでも試合に出る。
瑠夏
無理だってば
大聖
お前は俺のことを信じらんないのか?
大聖
信じてくれよ
瑠夏
信じたいけどっ…
大聖
大丈夫。絶対治すって言っただろ?
大聖
それに
大聖
ここでやらないと、駄目なんだ…
瑠夏
え?
大聖
とにかく!
大聖
医者や先生がなんと言おうと俺は絶対に試合に出るから。
大聖
お前の言ってることなんて、全部嘘だ
瑠夏
なっ…
大聖
はい、そこで何も言わなーい
大聖
行ってこいよ。
瑠夏
え?
大聖
あいつらのところに。
大聖
今言わなきゃ、勝てないぞ。
大聖
あいつらも、きっと待ってる。
瑠夏
大聖…
瑠夏
瑠夏
行ってくる…!
大聖
おう!
私たちは、「パチンっ!」といい音を鳴らして、ハイタッチをした。
ここから始めないと、始まらない…!
瑠夏
歩香!陸矢!
歩香
陸也
……
瑠夏
ごめんなさいっ!
歩香
ごめんなさいっ!
陸也
ごめん。
私たちは、同時に謝った。
瑠夏
へ…
歩香
ふはっ
陸也
ふっ
瑠夏
あははは!
歩香
同じだー!
陸也
偶然だな
瑠夏
2人とも。大聖のとこ行こう。
2人は強く頷いた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大聖
イタタッ
大聖
はあ。俺、死ぬのか…
大聖
ふーっ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
瑠夏
大聖!
歩香
遊びに来たよー!
瑠夏
あれっ
瑠夏
大聖が、いない…
陸也
おいお前らっ待てって…ハアッハアッ
瑠夏
大聖がいない!
陸也
知ってる。
陸也
受付の看護師が言ってた。
陸也
今、手術中
瑠夏
え…あ、そうなんだ
歩香
待ってよっか。
なんでだろう。胸が…ザワザワする…