無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第8話

そして涙を。
歩香
良かったねー
瑠夏
うん…
瑠夏
ほんとに、良かった…
あの後、千羽鶴を折り終わった私たちは、男子の試合を見に行った。

余裕で勝っていた。

もう、サーブを入れてる大聖がかっこよすぎて、ほぼ興奮気味だった。
歩香
ほら、言わないの?
歩香
あそこにいるよ?
瑠夏
えっなにを??
歩香
決まってるでしょう?
歩香
歩香
歩香
歩香
歩香
だよっ
瑠夏
告白…でも、私たちは負けちゃったから…
歩香
でもそれじゃあ…
部長
はーいみんな集まってー!
歩香
後でね
瑠夏
う、うん…
部長
残念ですが、大聖くんがこれで最後の試合を終えました。
部長
皆さんから、大聖くんに贈り物をしましょう!
歩香
はい!大聖!
大聖
なんだこれ
歩香
千羽鶴だよー!
大聖
汚ったね
歩香
ひど?!
大聖
うそうそ、ありがと。
瑠夏
はい。大聖。
大聖
おう。
大聖
花か。
瑠夏
うん
大聖
「バラ」だよな?
瑠夏
うん…
大聖
さんきゅ。
気付くわけないか…
バラの花言葉に。
部長
大聖くんにエールを送りましょう!
みんな
せーのっ
みんな
頑張れー!
大聖
おう!
陸也
結局なんの病気なんだっけ?
大聖
ん。
大聖
教えね
陸也
んでだよ
大聖
嫌だから
歩香
まあまあ
歩香
最後は笑顔で終わろ?
最後…
そっか。最後か…
歩香
ほおら、言いなよ?
瑠夏
歩香…
瑠夏
でも…
歩香
でもじゃない!
歩香
大聖!!
歩香
瑠夏が話あるって!!!
瑠夏
なっ、ちょ、歩香?!
歩香
今ここで言わなきゃ…もう会えないかもしれないんだよ?!
もう、会えない…
瑠夏
わかった。
瑠夏
ありがとう。大事なことは、全てここにあるよ。
行くよ……!
歩香
頑張って。
私は強く頷いた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大聖
…で、話って?
瑠夏
あのね、大聖。
瑠夏
私、大聖と出会ってからバレーが好きになったの。
瑠夏
あの頃はまだ、大聖のこと、「ただのご近所さん」だと思ってた。
大聖
うん
瑠夏
でも今は違う…
瑠夏
大聖の優しさ、強さ、逞しさを教えて貰ったんだ。
瑠夏
もうただのじゃない。
瑠夏
私は、どうしようもないくらい、大聖が好き…!
大聖
え…
大聖
えと
瑠夏
ビックリしたでしょ?必死に好きって気持ち、隠してたから。
瑠夏
でも、好きになっちゃったんだひ、しょうがないじゃん?笑
大聖
瑠夏。
大聖
お前こそ気づいてないよな。
大聖
俺、お前と出会った瞬間から一目惚れしたから。
瑠夏
へ…
瑠夏
へええええええ?!
どうしよう…恥ずかしすぎて…
瑠夏
ば、バカ!!
大聖
はっ?
瑠夏
てか、なんで一目惚れ?
大聖
その…まあ、猫の事件、あったじゃん?
瑠夏
ああ、ネコが引かれそうになったやつ?
大聖
ああ。
大聖
それでお前、虫あみで助けたよな。
大聖
それがかっこよすぎて…凄すぎて…
瑠夏
それだけ?
大聖
ううん
大聖
その後の行動で、完全に落ちた。
落ちたって…
瑠夏
何したっけ?
大聖
お前なんも覚えてねえんだな。
大聖
ほら、歩香にさ、「大丈夫?!」って聞いたやん?
瑠夏
うん
大聖
なんでだろって思って歩香に聞いたらさ、あゆかんちのネコだったんだろ?
瑠夏
うん
瑠夏
その時、あゆかってば大泣きしてたから大丈夫ー?って聞いたんだよ?
大聖
その前にお前が大丈夫だったのかよ…
瑠夏
私そういうのいっぱい経験してるから!
大聖
ふうん?
瑠夏
で、それでその…
瑠夏
一目惚れした…の?
大聖
他にもいっぱいあるけどな!
瑠夏
なっ…
いっぱいって…
瑠夏
もうやだ!大聖死なないで!
私は大聖を強く抱いた。
大聖
瑠夏…
瑠夏
もっとずっと一緒にいたいよう…
大聖
大丈夫。
大聖
俺の中でお前はずっといるから。
瑠夏
…うん
瑠夏
私も。












そして、8月25日、大聖は巣立った。
私もいっぱい泣いたし、あゆかも陸矢もいっぱい泣いた。







それから幾つかたった日、歩香と陸矢はめでたく結婚した。
瑠夏
おめでと。
歩香
るかああああ!
瑠夏
どした?!
歩香
こいつったら、「お前もっと痩せろよ」って言うんだよ!!
瑠夏
なっ…
陸也
ホントのことだ
瑠夏
デリカシーなさすぎ。
陸也
っつーか、何で瑠夏来たんだよ
瑠夏
なっ、失礼だなー
瑠夏
これを渡しに来たの!
歩香
なにそれー!
陸也
手紙?
瑠夏
読んでみ?
陸也
おう。


大人になった瑠夏.歩香.陸矢へ

元気にしてるか?こっちは元気だぞ!ちなみに天国にいるぜ!

天国ってお前らが言うほど天国じゃねえぜ?ふつーに働かせられるし、嫌いな食べ物も出るし。でも、楽しい。

だけどやっぱり、お前らがいる世界がいい。喧嘩もしたし、一緒に笑いあったりもした。それがホントの天国だと思う。だから、死にたいなんて一生思うなよ?もし死にたいって言ってる人がいたら、これを読ませろ。きっとこれを読み終わった後は、何かが変わっているはずだから。じゃーな!



大聖より
陸也
あいつ…
歩香
なんでるかが持ってたの?
瑠夏
不思議なんだよねー
瑠夏
今朝、ポストに入ってたの!
陸也
は?
歩香
へ?
陸也
それまじなの?
瑠夏
うんまじだよ。
歩香
不思議なことも起こるもんだねー
瑠夏
ふふっ
瑠夏
だね。



明日、少しでもあなたが笑っているように。

満開じゃない桜なんて、嫌なんだー。

だから、咲かせよう。

未来への花を。









明日にエールを、送ろう。

もし送られたら、返信するんだよ。



そして、涙を一緒に分け合おう。













あなたさんこんにちは!リナです!


今回は、「明日にエールを。そして涙を。」を読んでくださり、ありがとうございます!このタイトルの意味をわかった人は、ほんとに凄いです…

実は、テスト期間になってしまったので、テストが終わったら新作を出したいと思います!お楽しみに~!



それでは~(ڡ)✌