無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

笑顔に変わる
大聖が、試合に出れないー。
今までの経験上、私が思っていたことは、
全て、その通りになってしまうんだ。
瑠夏
そんな…
歩香
るーかっ!おかえりなさい!
瑠夏
歩香……
歩香
ん?どしたるか?!
瑠夏
あゆか、大聖が、試合に出れない…
歩香
え?なんで??お医者さんが言ってたの?
瑠夏
ちが…
歩香
それとも
歩香
またるかの思い込み…?
瑠夏
っ…
瑠夏
思い込みなんかじゃないよ!だって、今まで私が思ってしまったことは全て現実になってしまうんだもん!!
歩香
あのね、瑠夏
歩香
ちょっとマンガの主人公気取りすぎじゃない?
瑠夏
違う!!
瑠夏
そんなんじゃないってば!!
歩香
それこそ単なる思い込みだよ
歩香
ただまぐれに現実になっただけじゃない?
瑠夏
酷い…酷いよ…歩香…
瑠夏
もういい!あゆかは私の気持ちなんてわかんないよ!!
私はその場を逃げた。
瑠夏
なんで信じてくれないの…!
私が嘘ついてると思ってるの?
思い込みでも、まぐれでも、主人公気取りでもないよ…
瑠夏
もういい
1人で練習する
しばらく練習してると、
陸也がやってきた。
陸也
一人で練習か
瑠夏
陸也…
あっ
陸也なら…
瑠夏
あのね!聞いてほしいことがあるんだ!
陸也
ん?
瑠夏
大聖が、試合に出れない!
陸也
え、ほんと?
瑠夏
ほんと!
陸也
なんで??
瑠夏
私が、そう思ったから
陸也
あぁー
陸也
なんかこの前「私の思ったことは全て現実になる」みたいなことほざいてたな
陸也
ほんとなの?
瑠夏
うん!
私は強く頷いた。
陸也
でもなー
陸也
それはあまりにも不幸だよな
瑠夏
え…
陸也
瑠夏。なんでそう思った?なんでそう思い込んだ?
瑠夏
だってそれは…
陸也
そんなこと思い込んでんの、酷いと思うよ
目の前が暗くなった。
違う。そういう意味で思ったわけじゃない。
陸也
願ってようよ
陸也
大聖の試合出場
違うのに……
瑠夏
ちがう…
陸也
え?
瑠夏
違う
瑠夏
違う
瑠夏
違う
瑠夏
違う!!!!
瑠夏
そんなんじゃない!!
陸也
は?
瑠夏
なんで?!なんで誰も共感してくれないの?!
瑠夏
私はそういうつもりで思ったわけじゃないのに!
瑠夏
歩香も陸也も酷いよ!
陸也
は?
瑠夏
やっぱりわかってない
瑠夏
幼馴染なのに
瑠夏
もうこんなんだったら
東野
あれっ陸也くんと…
東野
瑠夏ちゃんだ何話してるんだろ
瑠夏
みんなと縁切る!!!!
陸也
は…
東野
え…?
東野
(なんかまずい場面だったかな~?でも…)
東野
面白くなりそう
東野
タッタッタッ
陸也
そんなんで縁切るのか
陸也
わかった。俺らの縁はそんなに簡単に切れるんだな
瑠夏
え…
陸也
だったらこっちだってもういいよ
陸也が行ってしまった。
1人取り残された体育館
私が、おかしかった…?







試合まであと、5日。