無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

太陽は振り向いてくれない。
部長
それでは、練習を初めます
部長
気をつけ 礼
みんな
お願いします!!
部長
はい。それでは、今日はグラウンドを20週してから、練習試合を行います。
みんな
はい!!
部長
はじめっ!
みんなが走り出した。
東野
ねえねえあゆかちゃん
歩香
ん?何東野さん
東野
あのね、るかちゃんがね…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
部長
本日はこれで終わりにします。
気がつけば、もう夜の6時だった。
部長
気をつけ 礼
みんな
ありがとうございました!
瑠夏
はぁ…
あれ以来、あゆかとりくやに話しかけてないし、話しかけられてない。
東野
るーかちゃんっ!
瑠夏
わあっ!何っ!?
東野
大聖のとこ、行ってくるね♪
瑠夏
えっ…
東野
ダメ?
瑠夏
い、いや、どうぞ!ご自由にっっ!
私は走った
東野
ふふっ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
瑠夏
はぁぁぁ今日はますますヤな日だった
瑠夏
(東野さん、一体たいせいに何を…?)
瑠夏
いや、気にしない気にしない!
大聖は、私のだけのものじゃないしね.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
陸也
……
歩香
酷いよね…
陸也
あぁ。
陸也
だからもう泣くなって
歩香
だって…今まで友達だったのに…いきなり「縁切るなんて」…
陸也
にしてもお前もるかに言われたのか?
歩香
ううん
歩香
東野さんが……
陸也
えっ
歩香
えっ?
陸也
いや、そうか
陸也
とにかくっと試合まであと四日だし、何とかしねぇとな
歩香
りくやはいいの…?
陸也
あ?何が?
歩香
あ…
歩香
いや、なんでもない
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
瑠夏
(たいせいが試合に出れないことを先生に言った方がいいかな…?)
瑠夏
言った方がいいよね。
私は先生の部屋へ向かった。
すると、
陸也
おいるかなにしてんだよ
瑠夏
別に
なんで今話しかけてくるのよ
瑠夏
りくやには関係ないから。
瑠夏
だって私たちは、
歩香
あっ陸也だ…
瑠夏
終わった関係なんだし。
陸也
またそんなことを…
陸也
お前まさか、先生に大聖が試合に出れないことを言うつもりなのか?!
瑠夏
そうだよ
陸也
だから余計なことすんな…
歩香
やめてよ!!!
陸也
?!
瑠夏
?!
陸也
あ、歩香…!
陸也
いつの間にいたのか
瑠夏
………
私は黙ってうつむいた。
歩香
なんで…なんでこうなったの…?
歩香
瑠夏
瑠夏
歩香
信じよう。大聖を。
歩香
だって大聖言ってたじゃない。
歩香
「ぜってー治すから」「絶対に試合出るから」って
瑠夏
……
歩香
そんなに、大聖が信じられない?
歩香
大聖は今まで嘘ついたことないよ?
瑠夏
でも、私の思ったことは全て現実になってしまうんだって
歩香
あはっ
歩香
アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!
歩香
信じらんない
瑠夏
なっ…
歩香
瑠夏ぁ~本気で馬鹿だね
瑠夏
え…
歩香
そんなこと、あるわけないじゃん!
瑠夏
だって、この前起きた事件だって
歩香
まぐれだよ
歩香
それか
歩香
瑠夏が自分に嘘ついてるとかね
瑠夏
それは…
陸也
もういいって
陸也
俺らは終わった関係なんだろ?
陸也
勝手に縁切ったのはそっち。
そういって、陸也は私を指さした。
陸也
勝手に1人で悲劇のヒロイン気取ってりゃいいさ
瑠夏
悲劇のヒロインじゃない!
瑠夏
だって…私は…
陸也
もういいって
陸也
行こう。歩香
歩香
うん
行ってしまった。
待って。行かないで。私の何がおかしかったの?教えてよ…
瑠夏
なんで…
瑠夏
なんでこうなるのぉ~
瑠夏
うぇっえぐっぐすっ







試合まであと4日。