無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

告白!?
前回の続き
海人
海人
廉~!あの2人の事見に行こうよ~
廉
それ思った!ええよ~
ガチャ。




2人は声がギリギリ聞こえるくらいの所に隠れる
海人
海人
小声)ちょうどあなた出てきたよ
廉
ホンマや!
あなた
あなた
紫耀。どうしたん?
紫耀
紫耀
えっと...す...す...
あなた
あなた
す?
紫耀
紫耀
すいか!この時期すいか食べたくなるよな~
あなた
あなた
そんな事言いに来たん?
あなた
あなた
私、仕事だからもう行くね
紫耀
紫耀
あ...
紫耀
紫耀
ちょっと待てよ!
ギュッ
海人
海人
小声)え?紫耀!なんで?バックハグとか...
紫耀
紫耀
俺は...あなたが好きだよ
あなた
あなた
へ?
紫耀
紫耀
だから、好きだよ
あなた
あなた
ん?
紫耀
紫耀
もう言わないも~ん
あなたのバーカ!
あなた
あなた
嘘だよ。聞こえてた!
あなた
あなた
私も紫耀だ~いすき!
紫耀
紫耀
え?それって...
あなた
あなた
だって幼なじみじゃん?廉も紫耀も海人もだ~いすき!
あなた
あなた
あ!仕事行ってくるね!
紫耀
紫耀
え?
ブルルルルル。




車に乗ってあなたは仕事に行く
紫耀
紫耀
えぇぇぇぇぇ?
海人
海人
爆笑
廉
爆笑
海人
海人
まじであせった~
紫耀
紫耀
分かってない...
廉
まあ、あなたは天然やからな~
海人
海人
紫耀。ドンマイ
紫耀
紫耀
めっちゃショック(゚Д゚;)