無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,447
2019/12/14

第2話

ヤンデレ彼氏の♡さん(2)
ガチャッ
you
あれ?鍵してない、?
鍵かけ忘れたのかな?
まぁいいや、入っ…
you
なに、これ、…
そこには…










壁一面の私の写真があった…




そこにはなぜか、付き合う前からの写真もあった…
you
え、…?なんで、
次にその隣の壁を見ると…
赤いインクのようなもので、



大好き 愛してる 見たくない 隣のヤツは誰 僕だけのあなたでしょ? とられたくない
あなたは僕のものだ ねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇ
やだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだ

と書いてあった____
you
ヒュッ…
喉から変な音が出る

後ずさりすると、何かにぶつかった
??
あなた、?何してるんですか、?
自慢の彼氏がいつもの高い声ではなく
低い声で言う…





どうしよう…
you
まふくん?帰ってたんだ
ごめんね、気づかなくて…
まふまふ
ごめんじゃなくて、何してたか
聞いてるんですよ?
you
え、あ、う、
言葉につまる、どうしよう、?
まふまふ
まぁいいや、どうせ見たんだろ?
you
はい、みm
いきなりまふくんがお姫様抱っこをしてきた
you
まふくん?!
まふまふ
どうせこうなってたんだ、
you
you
まふ、くん?
まふまふ
見れなくなるのも悲しいし、
僕の部屋のベットでいいよね?
そう言いながら私をベットに縛り付ける






これで一生幸せになれるよ____