無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第60話

ロリは正義?
あーどうもどうもあなたです
今は4時間目の授業中なんですが隣からもの凄い視線を感じるんですけど…
まぁその正体は今朝知ったロリコン男であるショッピなんだけどね
でもいくらなんでも
ショッピ
じー( ⚭-⚭)
あなた

………

見すぎでは!?
もうこれじゃあ授業に全然集中できない
今チラッとショッピのノートが見えたんだけど、あいつ黒板に書いてあることじゃなくてなんかロリっぽい女の子の絵描いてるんだが
しかもめっちゃ上手!
女の子の吹き出しのところに「お兄ちゃん?」とか書いてあって変態丸出しだけどな
…そっちがロリを描くなら私だってめっちゃ可愛いショタ描いてやる…!←
そして私はノートの次のページにスラスラとショタの絵を描き始めた
こう見えても絵はけっこう得意な方なんで、けど美術の成績悪い()
ショッピ
(…なんかロボロさんみたいな小さい男の子描いてる?)
あなた

カキカキカキ…






























できたぁぁぁぁぁぁ!!
っと思ったらもう授業終わる1分前でした
つまり…?
ノートまったく書いてない!!
でもショッピも書いt…”書いてあった”(*^^*)
何なんだあいつ!さっきまで全然書かないでこっち見たりロリの絵描いてたのによぉ!
ショッピ
…あれぇ?
ショッピ
あなた全然ノート書いてなくない?w
あなた

ムカッ

ショッピ
それにこの男の子誰っすか?
んー、たしかにこの男の子誰なんだろ
ただ自分がタイプみたいな男の子の絵描いただけだし…
あなた

た、タイプの男の子?

そう言った瞬間、ショッピだけではなくクラスのほとんどの男女がピクリと反応した
え、なに?なんかやばいことでも言った??
ショッピ
あなた、ちょっとその絵のページだけ頂戴?
あなた

べ、別にいいけど…

こんな絵すぐ描けるし、ちょっと失敗しちゃったからいっか
そのノートのページをちぎってショッピに渡すとショッピはその絵をじっと見た後なにやら顔を顰めたかと思いきやその絵を自分のファイルに入れると凄い勢いで教室を出て行った
お弁当も一緒に持って
あなた

…あ、そういえばもうお昼か

机の横にかけてあるお弁当箱を取るとなんだったんだ、と思いながら生徒会室に行こうとしたところクラスの女子に腕を捕まれ止められた
こ、これはやばいのでは?
と思ったが







































女子生徒
あなたちゃん!一緒にお弁当食べない?
あなた

へ?

女子生徒
あ!ずるい!
女子生徒
私とも一緒に食べよう!
すると「私も私も!」と次々と女子達が集まってきていつの間にかクラスの女子達と全員で一緒に食べることになっていた
女子生徒
私達さ、あなたちゃんと1回でいいから一緒にお弁当食べたいなって思ってて…いいかな?
あなた

ぜ、全然平気だよ!

あなた

寧ろ、嫌じゃないの?

女子生徒
え、なんでよ
女子生徒
自分の嫁とお弁当食べれて嬉しくないやつとかおりゅ?
あなた

…ん?

「あァァァァァァァァ」周りの女子達がいっせいに叫びだし、じたばたと私の前に来て「あれはその…~」と必死に誤魔化そうとしている
一体どういうことなんだ()




































おまけ(裏)
女子生徒
あんたバカー?
女子生徒
バカです、すみません
女子生徒
なーにあなたちゃんの目の前で変なこと言ってるんだい!
女子生徒
だって~
女子生徒
ついいつもの癖で☆
女子生徒
ボコッ
女子生徒
いたーい!