無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

毒素と勉強
電話が切れた後、グルッペンが終わった…と言っている
多分粛清されるんだろうな

































数分後、部屋のドアが勢いよく開いた
そこにいたのは怒りが満ち溢れたトントンの姿が
グルッペン
トン氏じゃないか…ハハ
トントン
ぐーるーさーんー?(╬°▽°)
グルッペン
ひぃぃぃぃ
ほら←
グルッペン
ちょ、ちょっとした出来心だったんです!!
トントン
あ?何が出来心だ
トントン
嫁入り前の女に手ぇ出す男いるか?
グルッペン
すすすすみませんでしたぁぁ
トントン
土下座や土下座!!
トントンの前で土下座させられるグルッペン
そして長いお説教が始まった
トントンが鬼だぁ…
オカンが怒るとこうなるからみんなも覚えておこう!!
あなた

…暇だし勉強しよ

グルッペンなガミガミと説教されている間に私は自分の勉強机と向き合い社会のワークを広げたのだった






































トントン
こんだけ言ったし、反省したか…?
グルッペン
しま…した…
トントン
よろしい
グルッペン
ふぅ…
トントン
(あれ、あなたは…)
トントン
(…あ、ちゃんと勉強してる)
あなた

カキカキカキカキ

トントン
(吃驚させよ…w)
足音をたてないように貴方に近づきバックハグみたいな形でワークを覗く
トントン
あなた~?
あなた

びくっ

あなた

え、トントン?

集中してたから気づかなかった…
トントン
そやで
トントン
勉強、頑張ってるな
あなた

う、うん

顔ちっか!
※トントンの顔がすぐ横にある状態です※
トントン
なんか分からないところがあったら遠慮なく言ってええから
トントンってたしか国語…だよね



だけど社会も分かるとか天才じゃん
あなた

じゃあ、ここ…いいかな

前のページで分からなかった問題をトントンに見せる
トントン
歴史か、おけ
トントン
ここはなこの時代の人物が…~





























え、すご
わかったんだけど()
さすトン!!
あなた

お、できた!

トントン
どれどれ~…あってるやん!
トントン
凄いな
あなた

ううん、トントンのお陰だよ!

トントン
…/////
トントン
あ、ありがと////
うっすらだけどトントンの顔が赤い
あ、もしかして…(察し)
みたいなことを思っていると後ろから聞き覚えのある声が聞こえた
グルッペン
トントン、ここからは俺が教えるから帰ってくれ
グルッペンくん5歳復活()
トントン
…無理
グルッペン
なぜだ
トントン
絶対へんなことするやろ
トントン
それに俺だって暇やから
グルッペン
暇という理由で俺とあなたの勉強時間を削らないでくれ
グルッペン、君がトントンを呼んだようなもんだろ
トントン
資料を2倍にされるのとあなたといるのだったらどっちがいい?
まさかの選択だ!


これは大人しく資r…
グルッペン
あなたといるゾ!
あなた

おい( ˙-˙ )

トントン
じゃあゾムの食害t…
グルッペン
トントンさんも一緒に勉強を教えましょうか(即答)
流石のグルッペンでもゾムの食害には叶わなかった
トントン
あなたも、いいか?
あなた

うん、いいよ

やばそうだけど()
グルッペン
じゃあまずは戦争…
トントン
ここの問題解いてなー
グルッペン
え…





















































ということでグルッペンとトントンの2人で社会を教えてもらっているわけだが
2人とも距離がめっちゃ近いんだ!!
グルッペン
ここはな、この制度で…~
あなた

ほうほう

嘘です、緊張しすぎて頭に全然入らんぞ
トントン
んで、こっちが…~
あなた

なるほどなるほど…

この偉そうなジジイが凄いっていうのはわかったよ、だけどトントン、君はいつまで私に密着してる気かい?
”グルッペンもそうだけど”
イケメン2人に勉強を教えてもらうってある意味やばい
心臓がもたないよ…


































グルッペン
ここまで
トントン
よく頑張ったな
勉強を初めてから2時間
ようやく2人から解放された
あなた

2人ともありがと

グルッペン
全然大丈夫だゾ!
トントン
むしろ楽しかったで
そうかそうか
私はこの2時間頭の中お花畑状態だったんだからな?
トントン
じゃ、また明日
グルッペン
((ヾ(・д・。)フリフリ
あなた

ばいばい





2人を見送った後、私は自分のベットにダイブ
あなた

なんか、1日が長く感じたな…

と、呟きお母さんのいるリビングへ向かう
こうして私の長い1日は幕を閉じるのだった