無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

男は狼
ちょっと早いですが、結果発表です
シャオロンになりました!!
投票にご協力くださった皆さん
ありがとうございました!!
















~本編~
グルッペン
グルッペン
ここはあなたに決めてもらうのはどうだ?
ロボロ
そうだな
トントン
決める権利はあなたにあるな
えぇ…
マジスカ←
あなた

私的には誰でもいいけど…

ゾム
それだとダメ!
シャオロン
ちゃんと決めて?
エーミール
そうですよ
ショッピ
誰がいい?
両隣分かな?
それなら2人選べってことか…





















よし、決めた!
あなた

シャオロンとショッピで!

ショッピ
お、やった
シャオロン
神様ありがとぉぉぉぉ
グルッペン
ちぇー…
ロボロ
(⑉・̆-・̆⑉)
ゾム
(  ー̀ н ー́ )
エーミール
(´・ω・`)
トントン
そんなぁ…
トントン達ごめん!!
あなた

ご、ごめんね?(上目遣い)

ゾム
今回だけな
グルッペン
次は選べよ!
トントン
(*꒪꒫꒪)(  ._.)(*꒪꒫꒪)(  ._.)
エーミール
大丈夫ですよ
ロボロ
あぁ
皆は上目遣いに弱い…っと
シャオロン
あなた…
シャオロン
俺眠いんやけど…
今にも寝てしまいそうなシャオロン
だけど私は全然眠くないというw
しかも男7人と寝るなんて恐怖でしょ←
あなた

あ、ごめんね

あなた

今布団だすからね

グルッペン
皆で布団だすゾ!
グルッペンが言うと皆布団をだして床にひきはじめた

























準備完了!
皆布団に入って目を閉じようとしている
エーミール
電気、消しますね
エミさんがキャラカチャっと電気を消して部屋は暗闇で包まれたのだった





そして私は目を閉じる

























~深夜~
あなた

(変な時間に目が覚めてしまった…)

あなた

(皆まだ寝てるよね)

周りからは音がしない、恐らく皆寝ている
あなた

(水でも飲みに行こうかな)

皆を起こさないように布団を出て、リビングに向かった










あなた

ゴクゴク…

あなた

ぷはぁ…

あなた

美味しぃ~

コップの水を飲み干して再び布団に戻ろうとした




















ところだった














ギュ
あなた

…へ

後ろから誰かに抱きしめられた
辺りは薄暗くてあまりよく見えない
あなた

…だ、誰?

恐る恐る聞く
??
誰だろうね
こ、この声は…
??
ちょっとは意識してくれた?
あなた

…?

??
…はぁ
その人はため息を吐くと
あなた

ッいた…

私のうなじを噛んできた
??
何したか分かる?
何となくわかるよ…←
あなた

なんとなく…

??
朝皆が起きてこの後バレたらどうする?
それはやばいっぴ!((
??
男は皆狼だからね?
( ˙꒳​˙  )ファ
??
じゃ、また明日ね
??
あなた(耳元)
あなた

ドキッ

その人は微笑むと私の体を180度回転させた
その時唇に何か暖かいものが触れた
そしてその人は私の前から姿を消した
あなた

………

私はその場で呆然するしかなかった
だって…
あなた

初キスとられたぁ…///

恐らく顔は真っ赤だろう
私は水をもう一杯飲んで布団に戻った