無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

朝からうるさい人達
~朝~
グルッペン
あぁぁぁぁ!
ゾム
お前らぁー!(  #`꒳´ )
トントン
早く離れろ!!
グルッペン達が私の周りで騒いでいる
あなた

…んん

ロボロ
ロボロ
あっ、あなた!!
ロボロが呼んでる…
(他にも色んな人が呼んでるけど)←
とにかく起きないと…
あなた

…?

体が動かない…
しかも体に違和感が
なんか、あったかいって感じが…
右を見ると…
シャオロン
あなたぁ~ムニャムニャ(寝言)
腰に腕をまわしているシャオロンがいる
あなた

………

今度は左を見てみる
ショッピ
あったかい…ムニャムニャ(寝言)←?
ショッピが私の首に腕をまわして肩に頭を押し付けている
あなた

ふぎゃぁぁぁぁぁ!

ショッピ
パチッ
シャオロン
( 'ω')ファッ!?
トントン
…ようやく起きたか(╬°▽°)
エーミール
なんであなたさんに抱きついてるんですか?( º言º)‪💢
ショッピ
こ、これは…
シャオロン
そのぉ…
私から腕を解くシャオロンとショッピ
ゾム
お前ら2人とも今日の夜覚えておけよ?(^ω^)ニコニコ
ショッピ
…はい
シャオロン
\(˙◁˙)/オワタ
何をされるかはお察しを←
あなた

ちょっと着替えてくるから待ってて

布団から出て自分の部屋に行こうとする
グルッペン
グルッペン
俺も着いてくゾ!
変態か!
あなた

来なくてよろしい(*^^*)

グルッペン
なら無理やりでも…
トントン
そうはさせんぞ( ^ω^)ガシッ
グルッペン
(°∀°)ヒィィィィ
ナイストントン!
あなた

んじゃ、朝ごはんよろしくね~

エーミール
わかりました!!
返事したってことは…
エミさんが朝ごはん作ってくれたのかな?
絶対美味しいでしょ…
早く食いてぇー!





スタスタスタスタ(部屋に向かう音)



















グルッペン
トントン!
グルッペン
あなたが行ってしまったではないか!!
トントン
お前はバカか?
トントン
着替えに行ったんだから行くだろ!
グルッペン
俺も行きたかったゾ!←
トントン
殴られたいのか?( ^ω^)
グルッペン
すみませんでした(土下座)
トントン
今度からそんなこと言うなよ
グルッペン
もう2度と言いません
トントン
ん、よろしい
ロボロ
(トントン恐るべし…)
ゾム
(あの時俺もって言わなくて正解だったわ…)
ゾム
(言ってたら…:(;゙゚'ω゚'):)
エーミール
(朝から騒がしいこと)
ショッピ
(グルッペンさんは子供ですか?w)←煽り
シャオロン
(こわっ…)
































支度完了!
朝ごはんっ♪朝ごはんっ♪
ルンルン気分でリビングに向かう私であった

















エーミール
あなたさんが来ましたよ
エミさんのその一言で皆が一斉に私のことを見た
ロボロ
俺の隣座ってや!
シャオロン
俺よな?
ゾム
俺っ!!
トントン
お前らじゃ安心できないわ、俺の隣な
グルッペン
ここは俺だゾ!
エーミール
私の隣はどうですか?
ショッピ
俺の隣は?
あなた

誰の隣でもいいんですけど…

よくない!っと声を揃えて言ってきた
仲良いな←
私はエミさんのご飯が食いたいんじゃあ~


























主)貴方なら誰の隣になります?
主)隣を誰にするかはお任せにします
主)私ならトンt((
主)そしてキリが悪いですがここまでです
主)お気に入り登録が100いきました( ;꒳; )
主)ありがとうございます!!
主)これからもよろしくお願いしますm(*_ _)m