無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

家庭教師?
歩いて帰るほど20分、家に着いた
あなた

ただいま~

っと言うとリビングからお母さんが出てきた
お母さん
おかえりなさい
お母さん
もう家庭教師のかた来てるよ?
あなた

慌ててリビングに向かった
あなた

…え?

そこには7人もの男性がいた
??
??
君って入学式の…
1人男性が顎に手を当ててこちらを見てくる
すぐに分かった、この人は…
あなた

生徒…会長…

グルッペン
グルッペン
俺のこと覚えていてくれたのか?!
目をキラキラさせながら聞いてくる
あなた

ま、まぁ…

グルッペン
嬉しいゾ!
やったぁ!的な顔をしている
お母さん
あら、知り合い?
お茶を持ってきたお母さんが私達のことを見た
あなた

知り合いというか…高校の生徒会長だけど…

お母さん
お母さん
せ、生徒会長?!
お茶をのお盆を落っことしてしまいそうなぐらい驚いた
グルッペン
お恥ずかしながら…、高校の生徒会長をやっています
お母さん
生徒会長が家庭教師なんて…
お母さん
す、凄い…
あなた

…は?

今、お母さんは“生徒会長が家庭教師”と言った
あなた

家庭教師ってこの人達なの?

お母さん
逆に他に誰がいるの?
ぐっ…!
お母さん
っということでこれから私の娘、あなたをよろしくお願いします
グルッペン
もちろんです!!
??
はい!
??
こんな可愛い子の家庭教師になれるなんて幸せだ…
そう言った男性に一瞬手を出しそうになってしまった…
お母さん
(^^;;
グルッペン
じゃあまず自己紹介からするゾ!
生徒会長が喋りだした
お母さん
あ、よかったらお茶を飲みながら
お母さんが7人の前にお茶を出す
??
ありがとうございますm(*_ _)m
??
お気遣いどうも
お母さん
いえいえ























お茶を飲みながら自己紹介は始まった
グルッペン
俺はグルッペンだ
高3だからな。
名前は好きに呼んでくれて構わない
主に社会を教えるゾ
あなた

(社会…( ºωº ))←

トントン
俺はトントン
グルッペンと同じ高3だ
自由に呼んでくれていいよ
主に国語を教えるかな
あなた

(国語…( ・∇・))

ゾム
チッス★ゾムだぜ☆
高2だよ!
主に理科担当だからな
あなた

(理科無理っぴ(°▽°))

シャオロン
シャオロンでーす
ゾムと同じで高2
主に英語を教えるから
あなた

(英語…(T▽T)アハハ)

エーミール
エーミールです
長いのでエミさんとかで呼んでください
高3です
主に数学を教えますね
あなた

(数学…アアァァ( °∀°)ァァアアア)

ロボロ
ロボロです
高2だよ
俺は主に美術・音楽を教えるよ
あなた

(美術…音楽、まぁ平気か(˙꒳​˙ ))

ショッピ
ショッピです
高1です
主に技術・家庭科を教えます
たまに保体とかも教えるから
あなた

(ん?ん?ん?)

あなた

(ショッピ?!)

あなた

(同じクラスで席が隣の?!)

あなた

(顔面偏差値が高くてなのに塩対応野郎か?!)←

パニクりながらも落ち着いて状況を整理した
そして、そんなことをしていると自分が自己紹介してないと気づき慌てて自己紹介をした
あなた

言うのが遅れました!

あなた

高1のあなたといいます
勉強は苦手なでして…
大変かもしれませんけど
これからよろしくお願いします

グルッペン
よろしくだゾ!
トントン
よろしくな
シャオロン
よろよろ
ゾム
よろしくな~
エーミール
よろしくお願いします
ロボロ
よろしくね
ショッピ
よろしく
あなた

m(*_ _)m

今日からこの7人は私の家庭教師になりました