無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

どうしてこうなったんだ
席について各自お弁当を食べ始めた
私もお弁当を食べようとお弁当袋を開けたわけだが

























なんかお母さんからの手紙が入っていた
あなた

……

なんで手紙が入ってあるの?!
また読めってか?
あの親どんだけ手紙が好きなんだか…
ため息を吐きなぎら手紙を広げるとそこには
【あなたへ】

《お母さん今日ちょっと帰り遅くなりそうなのよ

だ・か・ら

家庭教師さん達の家に泊めてもらって☆

それでは、アディオス!》























あ?( ˙-˙ )
何がアディオス!だ
帰りが遅いからってなんで泊めてもらう必要があるんだ!
私もう高校生だぞ?
小学生じゃないんだから留守番くらいできるし!!



















すると隣に座っていたショッピが
ショッピ
あなた今日俺らの家来るの?
oh……
あなた

行きません(即答)

手紙をポケットの中につっこんでお弁当を食べはじめる
シャオロン
え、あなた俺らの家泊まるん?!
今度は前に座っていたポメラニアンシャオロンが身を乗り出して聞いてきた
あなた

いや行かないから

シャオロン
えぇ~
不貞腐れるな、お前年上だろ!
ロボロ
俺、あなたと泊まりたい…
ショッピの隣にいたチビロボロが頬を膨らませながら言う
あざといんじゃ
グルッペン
家に来るのか?
”あんたはいつからいた”
ゾム
あなたとお泊まり?!
エーミール
楽しそうじゃないですか
トントン
面白そうやん
次から次へと集まってきた
私泊まる前提なんですか?
鬱先生
ピクッ、あなたちゃんが行くなら俺もトントン達の家行く~
コネシマ
大先生が行くなら俺も行くわ
オスマン
絶対行く()
っということで
































無事お泊まり会をする事になりました(4んだ目)
マジでお母さん許さねぇ!!
今度から自分で弁当作る!













































☆☆
あなたちゃ~ん?
☆☆
生きてますか~?
あなた

( ゚∀ ゚)ハッ!

私としたことが、あの最悪なお弁当時間の後からずっとこの調子だ
あなた

☆☆~

あなた

私には君だけだぁ~

☆☆
私もあなたちゃんだけだよ~
ノリがいいねぇ!
流石私の☆☆!
☆☆
あ、次移動教室だから一緒に行こっか
あなた

うん!

☆☆
(可愛い_:(    _ ́ཫ`):_)








































現在午後16時、下校の時間だ
クラスの子達は続々と教室を出ていく
そんな中、教室の外で私に向かって手を振っている人物か1人
シャオロン
あなた!!
シャオロン
超人気者のシャオロン様が迎えに来たぞ!
不人気の間違いではないのだろうか
あなた

今行くから静かに待ってて

シャオロン
はーい!
元気でよろしい!(´ー`*)←
あなた

☆☆また明日ね!

☆☆
うん、また明日ね!
支度を済ませシャオロンの元へ行き廊下で注目を浴びながら校舎を出たのだった


































おまけ
女子生徒
ねぇみんな聞いた?!
女子生徒
え、何が?
女子生徒
今日あなたちゃんが我々だ様の家にお泊まりだって!
女子生徒
え、なにそれ
女子生徒
我々だ様ずっる!
女子生徒
あなたちゃんが男と寝る…
女子生徒
あぁぁぁぁぁ
女子生徒
私の嫁が…←
女子生徒
ぴえん
女子生徒
ちょいちょい誰かあなたちゃんに盗聴器付けた?!
女子生徒
え、なんでよ
女子生徒
だってわんちゃん我々だメンバーと寝るってことでしょ?
女子生徒
あんな可愛い子がいて襲わない男なんているか?
女子生徒
っということは…?
女子生徒
そう、夜の営み現場の声を…ぐへへ
女子生徒
キモイぞ
女子生徒
泣く
女子生徒
でも聞いてみたい←
女子生徒
仲間だ
女子生徒
…………………
『「とうちょうきぃぃぃぃ!!!」』