無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

入学式
あなた

…人多っ

あと数分で始まるから人多くてあたりまえか
あなた

って、早く席につかないと…

自分の出席番号を確認してその椅子に座る
あなた

(早く始まれぇ…)

時計を見ながらそんなことを思うのであった
モブ
なぁなぁ、ここの校長も話長かったらどうする?w
モブ2
それは嫌だなw
モブ
だよな!
モブ2
でもだいたい校長の話は長いじゃん
モブ2
“こういう時に限って”
モブ
( ̄Д ̄;) ガーン
あなた

(えぇ…)

あなた

(こ、校長の話ってこういう時に限って長いのか?)

あなた

(いつも聞いてなかった私には分からない…)←

すると、体育館のスピーカーから先生の声が…
先生
新入生のみなさん、これから入学式をはじめますので静かにしてください
その一言で体育館に響き渡っていた声が止み、沈黙になった
先生
それでは、入学式を始めます
拍手の音が響き渡る
そして校長の話へ
校長
えーコホン
校長
新入生のみなさん、入学おめでとうございます
校長
これからみなさんには中学では学ばなかったことや社会に出てからのことを学んだりします
校長
苦戦してしまうこともあるかもしれませんが、頑張ってください
校長
高校生活は3年間です
校長
短い間ですけど、よろしくお願いしますm(*_ _)m
パチパチパチパチ
校長
それでは、ここで生徒会長からのご挨拶です
あなた

(は?)

グルッペン
ん”ん”
グルッペン
新入生の諸君!
グルッペン
入学おめでとう🎊
グルッペン
俺は生徒会長のグルッペンだ
あなた

(顔面偏差値高っ…)

スラリとした体格に金髪、女子生徒はもう目がハート状態
グルッペン
学校生活で何か困ったことがあればどんどん言ってきてくれ
グルッペン
これで俺の話は終わりだ
あなた

(話短いな)←

ジーッと生徒会長を見ていると
グルッペン
チラッ
目が合ってしまった
あなた

あ()

視線をずらすとまるで生徒会長はそんなことは無かったかのように視線を前に戻した
あなた

(目が合っちゃった…)

心の中で「何やってるんだ私!バカバカバカ!」っとずっと言っている
そんな間にも入学式はどんどん進んでいき
先生
これで入学式を終わります
先生
各クラスに行ってください
先生がそう言った後、生徒達は立ち上がって各教室に向かってった
あなた

あ、私も行かないと…

他の生徒達を追うように自分のクラスへ向かった














グルッペン視点
??
もう少しなんか言えや
グルッペン
い、言うことがなかったんだゾ…
??
はぁ…こんなんが生徒会長とか呆れるわ
グルッペン
な!
グルッペン
だかr…
??
あ、それと!
何か思い出したかのようにグルッペンに視線を向ける
??
誰と目合わせてたん?
グルッペン
え…
??
…?
??
生徒見てたんじゃないん?
グルッペン
そ、そうだけど…
??
誰や?
グルッペン
べ、別に誰でもいいだろ!!
??
ケチグルめ
グルッペン
(╬°▽°)
??
ww