無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

さんじゅうに










あなた「のんちゃん頑張れぇぇ!!」







小瀧「ちょっ、しー!🤫」








みんな「笑笑笑笑」













紫耀「頑張れぇ!!!」







小瀧「……」










隆雅「伝わらないね、笑」







みんな「笑笑」






























































先生「じゃージャンケンするぞ、」















先生「最初はグー、ジャンケンっぽん!!」
























































小瀧✋




































紫耀「え!勝った??!!」






小瀧「YESっっ!!」







あなた「おおおおお!!頑張って!!」







小瀧「ありがと笑」





































先生「ジャンケンっぽん!」
































小瀧✊















































みんな「おおおおお!!!」









あなた「やったぁ!!!ね!!!!」







紫耀「うんうん!!!」







真希「そーだね!笑」







泰吾「よかったね!笑」







隆雅「笑笑笑」

































先生「じゃー小瀧の班、どこがいい?」











小瀧「俺たちの班は、うs……」
































あなた「後ろです!!!!!!!」













先生「俺は、小瀧に聞いてるの!!」
















クラスのみんな「笑笑笑」














あなた「すいません………………。(. . `)」
































クラスのみんな「シーン」























































先生「……俺が悪いのか?」







クラスのみんな「笑笑笑」






クラスの男子「先生ノリいいっすね!」







クラスの女子「それな!やっぱ最高ー」















先生「あ、ありがとう//////」





















































クラスのみんな「今ので下がりましたー」















先生「…………。」


























































先生「笑 それは、置いといて!」






























先生「小瀧たちのグループが後ろな」













みんな「はーい」











(他のグループも決めて……)





































先生「あ、言い忘れてたが今前でジャンケンした人はグループのリーダーな」



















リーダー「えぇぇぇぇぇぇぇぇ……」

































先生「まー、よろしくな」


















キーンコーンカーンコーン





























NEXT
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー