無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

にじゅうろく







学校ついて


教室に入ったとかん




















「おおおおおおお!!!!」






「やっぱあの3人だよなー」







「当たり前だろっ( '-' )ノ)`-')」←


















あなた「、、、み、みんなおはよ!!!」








「おはよ!あなたちゃん!」






「朝から天使だわぁぁぁ」











「紫耀くんと望くんもおはよ!!!」









紫耀「おはようう!!」






小瀧「おはよう!」












「\キャー/」









「カッコよすぎ……(死亡)」




























































キーンコーンカーンコーン







チャイムがなり、みんなが席に座る


















ガラガラ🚪




先生「みんなおはよー」








「おはよーございまーす」











先生「今日の総合はあることについてだからなー楽しみにしとけー」












先生「じゃー朝の会終了。」











































いつも通り朝の会、終わりました























みんな、1時間目が始まるまで10分あるからたち歩いている




































自分は眠いから寝ようと思ったら







































































紫耀「ねぇーあなた あなたー」










あなた「んー、なにぃー?」











紫耀「総合何やるんだろうねー」










あなた「ねー、」




























































そしてあなたちゃんは寝落ちしてしまい、

起きたのは


















1時間目の半ばでした。













(・・)






NEXT
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー