無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

じゅうなな












25分休み





自分は紫耀達と喋っていたら、

副担任がきて、




副担任「武井さーん」














あなた「え?!私?!はい!なんですか??」







副担任「屋上にある、ダンボール持ってきてくれない?」





あなた「え、いいですけど、なんで私??」






副担任「まぁまぁ笑笑体育委員だし?笑」






あなた「わかりましたー、今行きますぅ、、」






















??「まって、!」











??「先生、俺たちも行く」








そう言ったのは、








































隣にいる紫耀とのんちゃん








紫耀「俺も行きます!!」




小瀧「女子だと重いだろうし!」










副担任「でもちょっとだけだから!大丈夫!!」



















副担任「武井さん、じゃあよろしくね!」


















あなた「あ、はーい」


























































??「今行っちゃう?笑(小声)」



??「どーする?笑(小声)」





































3人はこう話してるとは知らずに、、、、、



























あなたは屋上に





紫耀とのんちゃんはあなたを心配しながら友達と喋ってる



























































屋上



あなた「どこにあるんだろ、」












あなた「あ!あった!」





あなた「じゃあ下いくかっ」


























??「そうとはいかない」




























あなた「?!」













あなた「誰??」

























あなた「ん??紫耀の隣の席の木下さん??」















木下さん「まー正解」













あなた「で、なんでいるの??」




















































そう言った瞬間





























































私は何故か尻もちをついていた



























多分、木下さんが押したんだろうな













ここまでは良かったけど、、、、






































この後逃げとけば
あんなんにならなかったのかな、、、、、
























NEXT

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー