無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

にじゅうご





登校中


あなた「んーーんーん😙」

















あなたちゃん音楽聴いてるんですけどノリノリですね~






















あなた「あ〜!!!!そやそや」










紫耀、小瀧「ん???」




































あなた「じゃじゃーーーーん!!」












そう言って鞄から出してきたのは


















































あなた「ブレスレット!!!!」















紫耀「え?!なんでブレスレット??」







小瀧「ま、まじ??嬉し」

























あなた「なんでかは〜、仲良くなったから?笑」









紫耀、小瀧「笑笑」











あなた「じゃー色決めよ!」






紫耀、小瀧「うん!!」










































3個あるんだけど、色は




赤と黄色とピンク



















あなた「何がいい??」










紫耀「うーん、、」







小瀧「😐😐」
















あなた「あ、ごめんね?こんな色しかなくて…… 青とかが良かったよね…💦」













紫耀「ううん!!」









小瀧「俺はなんでもいい!!」









紫耀「俺も俺もーーー!!」











































紫耀「じゃー俺、赤がいい!!」






あなた「OKー!」






















あなた「のんちゃんは??どうする?」








小瀧「あなたは?」









あなた「あなた?あなたはなんでもいいよ!」









小瀧「いや、あなたから決めてから」









あなた「う、うん」


























あなた「じゃー黄色にしよっかな」









小瀧「じゃーおれはピンクね」









あなた「うん!ありがとう!」





















紫耀「もうつけちゃう???」







あなた「あー!!いいね!つけよつけよっ!」






















































と言ったものの









あなた「💭つけられないっ……」
←あなたちゃん不器用です、、



























































































紫耀「??」










紫耀「あなた?どうした?」



































あなた「いやっ、付けられなくて……」



























紫耀「フフッ」









あなた「??」











紫耀「やっぱあなただわ笑笑」











あなた「あなたはあなたですっ!😠」










小瀧「なんだこの話笑笑」





























そんな話をしながら学校に着きましたとさ、












NEXT
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー