無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

じゅうご











机を移動し終わった











先生「班は、4人班
だけど武井と平野と小瀧の3人だけ余るからそこは3人なー」








3人「はーい」













先生「じゃー最初に5分で班長決めろー」


先生「よーいスタート!」























あなた「こんにちは〜笑」


紫耀「こんにちは笑笑」





小瀧「まさか、3人で席になるとは思ってなかったわ笑」



あなた「あなたもあなたもーー!」


紫耀「俺も笑」



小瀧「まーこれからよろしくな」


あなた「よろしくです!」











こう喋ってたら、1分たってました、




あなた「やばっ!あと4分!!」



紫耀「どーやって決めるの??」



小瀧「どーしよっか、」































あなた「はい!🙋‍♀️提案があります!」




小瀧「なんでしょーか??」







あなた「じゃんけんで決めるのはどうでしょうか」



















紫耀「平野1票」






















小瀧「小瀧1票」
















あなた「じゃあじゃんけんで決定ー!」







(これで、あと2分しかありません)



















小瀧「じゃー、じゃんけんするか」





あなた「なんか、、謎の緊張感」






紫耀「なんかわかる笑」












小瀧「じゃーいくよ」







あなた「うん」

















小瀧「最初はグーじゃんけんっ」



































小瀧「ポイっ!!」





















































あなた「✌️」



紫耀「✊」



小瀧「✊」




























あなた「えぇーーーーーーーーーーー私?!」






紫耀、小瀧「めっちゃ心配笑」















あなた「がんばりますぅ、」







紫耀「頑張れ笑」














こうして5分が過ぎました



先生「時間だー」



先生「では、班長になった人は、宿題を班員分先生に出すことと、もし、班員が忘れた場合は終わるのを確認したら休み時間にすること」

(↑宿題があるとしてください!)








先生「班長、頑張ってくださいね」



先生「では、朝、終わりー」



















あなた「はぁぁぁーーー、、、、」







あなたちゃん、机に倒れました









小瀧「まー頑張れって笑」





あなた「無理だよー、、」





紫耀「笑笑笑笑←つぼってます」













あなた「あ!」










あなた「2人とも、宿題忘れないでね!」



あなた「忘れたら、、わたくし、終わる、」






















紫耀「忘れたらごめんな?」




小瀧「なんか、紫耀忘れそー笑」




















先生が教室を出ていく時に、





先生「あ!言い忘れてたけど、」








先生「先生、今日、1日出張になった」

















クラスの男子「マジ????」



クラスの女子「やった!!!」



クラスの男子「よっしゃー!!!!!!!」























先生「おい!そんなに先生、嫌か?」


















みんな「はい!!!!!」






























先生「先生、、、泣くぞ?」










みんな「笑笑」









先生「じゃーまた明日」









みんな「さようならー」















こうして、1時間目が始まるのでした









NEXT
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー