無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

にじゅうはち








スタートしたから、友達の方に行こう!































































そういうわけにはいかないか、





























































































「ガシッ」























あなた「んえ?😟」



















今わたくし、両腕掴まれております



































後ろを 見てみる……と…………



























そこには


























































紫耀とのんちゃん?!











あなた「どーしたの???」














紫耀「…………あ、 あのね?」













あなた「うん??」










紫耀「お、、、、おれら、、、、、」




















紫耀「あぁ!!!言えねぇーー。」

























あなた「??
友達のところ行かないといけないから、」




























































そう言って友達のところ行こうとしたら































「ガシッ」







は?2回目やn((殴

















































また後ろを見てみると、






















































































あなた「のんちゃん??」










小瀧「ねぇ、あなた。」










あなた「ん??」



























































































































小瀧「俺らと一緒の班になってくれますか?」










NEXT
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




Saeです!



内容薄くてごめんなさい😭🙇‍♀️













次も見てくださいね!!🔆🔆