無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

にじゅうよん







翌日





あなた「……ん……ろ、、、6時56分。、」













あなた「!!!!えええええ!!!」




あなた「こんな私が、、6時台に起きた!!」




あなた「すげーすげー!!!👏」
(←あなたちゃん、1人で拍手してます)

















いつものルーティーン☁︎





洗面所にいって
顔洗って
寝癖がついた髪の毛をなおして

キッチンにもどって
食パンを袋から取り出して
トースターに置いて
3分にセットして

鏡とメイク道具とくしをもって
メイク開始っ
(あなた、今日は時間があるのでナチュラルメイクするらしいです!)
下地塗って、 ブラウン系のアイシャドウを薄めにぬって、アイラインちょっとして、赤いリップをぬりぬり〜〜








している時に








































チーン























パンが焼けたよってね





あなた「パンーー!待ってろーー!」






うん。


























































熱い熱いパンを頑張ってお皿にのせて
机にレッツゴー


パンはまだ熱いからメイク終わらせちゃお
リップをぬりぬりぬりぬり〜〜〜〜

くしで髪の毛をとかして高いポニーテールにした
でも今日はいつもと違うんだぜい















いつもは出さない、


























触覚出しちゃった (´>ω∂`)テヘペロ




















その触覚をヘアアイロンでウェーブにして、
そのついでに前髪もっ







準備カンリョー!!!

















あとはパンを食べて制服に着替えてだなっ

(今の時刻7時20分)































あなた「パクパクパクパク🍞」































あなた「んん!美味しかった😋」








よーし、制服に着替えるか



















無事、制服に着替えて学校、行けるでい!
















ローファーをはいてと、














最後に




































玄関にある鏡で自分の笑顔チェック!













あなた「😃😄😃😄😁😁😁」




















あなた「うん、OK」
















そして、外に出た







































あなた「おはy…」




























って言っても誰もいない!





あなた「いぇーーーい 一番乗りぃーー」















それから、1、2分経って2人来ました


































あなたちゃん、今日は集合に一番乗りだったから、テンションアゲアゲです













NEXT
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




わたくし、今日の4時?くらいから三者面談でしたぁぁぁ、、、、








ふつーに緊張したよね



















































それだけです。













































(・・)