無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

入学式の次の日











あなたは家から学校までが遠くて
チャイム3分まえに着きました、





















今日も相変わらず友達はいませーん、












キーコーンカーンーコーン
(チャイムです)
















そんなこんなで朝の会が始まり、





終わって、










もうちょいで1時間目が始まろーとしてます、












きょーの1時間目はなんだっけ?






あ、





















がっかつ?



だったような、、、、、
























キーコーンカーンーコーン
(1時間目が始まりまっした)









ま、担任の先生だしっ
学活か、、、














学活って何するんだっけ?











💡


























寝る時間かっ!
(いや、違うわ←By作者)






























なんか先生の話しきーてみると
テスト体型になって?
隣の席の人と?
自己紹介しあう?




















え、めんど、




しかも、前やったやん、、
(入学式の日のときです)

















まー隣の席の人とくっつけてテスト体型になりまっした、、






























2人とも自己紹介終わったので
窓側なんで空見てたら、、、、、



















なんかあっちから(左側)





























目線感じるんですけど!















怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い、













恐る恐るあっちを見ると、















??「ニコッ」























えー、、、、、🤭





























ちょうぜつ、かっこいいんですけどっっっ!!!!!