無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

かくれんぼ③【遠ジェル視点】
ジェルくん
何か保健室のベットの下に隠れるって……(小声)
遠井さん
うんうんそうだねー(小声)
ジェルくん
酷ない?(小声)
遠井さん
酷くない。(小声)
遠井さん
そもそもジェルが(静かに
遠井さん
え?(小声)
ジェルくん
(遠井さんの口を手で抑える)
遠井さん
……
ガラガラ
遠井さん
ビクッ
ジェルくん
(ドアの方を睨む)
……
イナイナ
ガラガラ……バタン
ジェルくん
行ったで……(小声)
遠井さん
あ……ありがとう(小声)
ジェルくん
ええで。ええで。(小声)
ジェルくん
生き残ろうな(小声)
遠井さん
うん……(小声)
10分後
バンッ
遠井さん
え?今のって……銃声じゃない?(小声)
ジェルくん
……誰か見つかったんか……(小声)
???
皆さん。かくれんぼは終了です。体育館に集合してください。
ジェルくん
行くで〜
遠井さん
うん。