無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

四日目
???
これから鬼ごっこ四日目を始めます。
るぅとくん
皆さん……
るぅとくん
さとみくん……昨日消えてましたよね?
ころんくん
確かに……
りーぶ
誰かが片付けたのかと……
莉犬くん
……うん。
るぅとくん
多分なんですが……死体は消えるようになっているのでは?
るぅとくん
多分ですけどね
ななもり。くん
そう考えると……
遠井さん
他の人のも消えてるのかしらね
ジェルくん
鬼ごっこだけとは考えにくいもんな……
りーぶ
一先ず……鬼ごっこの方に集中しようぜ?
あなた
そうですね……
あなた視点
あなた
……!?じぇ、ジェルさん……
ピーピーピーピー
ジェルくん
お、鬼やんな……逃げるで!
あなた
はい。
タッタッタッ
ピーピーピーピー
ジェルくん
近いな……ッ
あなた
いき……ど……まり……
ジェルくん
ッあなた俺の後ろに隠れるんやで
あなた
え?
ジェルくん
はよしーや!
あなた
ビクッ分かりました……
(ジェルくんに銃を構える)
ジェルくん
……
バンッ
りーぶ
はぁはぁ……間に合った……
ジェルくん
え?……
あなた
え……
私の目の前には血だらけの鬼が倒れていた……
ジェルくん
ど、どう言う事なん?
ころんくん
実はね。
るぅとくん
僕達初日に……銃を見つけたんですよ。
りーぶ
それ使った★
ジェルくん
……良かったで……
りーぶ
無理すんなよ。
ジェルくん
ッ……りーぶが言うなや!(泣)
りーぶ
はは‪wまぁ……ころんが居るから。皆が居るから無理しちゃうんやけどな
ころんくん
‪w
りーぶ
笑うなや
るぅとくん
頼もしいですね‪w
りーぶ
ころん居なくなったら……なんでも無いわ
あなた
気になるじゃないですか‪w
りーぶ
‪wほらすとぷりハウスに戻るで〜