無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

一日目【あなた達視点】
ジェルくん
大丈夫か?
さとみくん
俺は大丈夫。
あなた
だ、大丈夫です……はぁはぁ
ジェルくん
体力無いなー‪w
さとみくん
いやいや‪w女の子だぞ?
あなた
そうですよ……はぁはぁ
ジェルくん
‪wまっ!少し周り探索するで〜
あなた
分かりました……
さとみくん
あなたちゃん気を付けてね?
あなた
はい。
あなた
(みんな大丈夫なのかな……)
あなた
(それに願い事……復活させられないかな……)
あなた
(復活以外は何でも良いんでしょ……)
あなた
(んー……)
あなた
(さとみさん達に聞いてみるか……)
あなた
さとみさん達は……あれ?
あなた
もしかして……迷子になった……?
あなた
う、嘘……
ピーピーピーピー
あなた
!?に、逃げなきゃ!
タッタッタッ


































































ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!
あなた
いてて……
あなた
たっ立たなきゃ!
フラッ
(銃を構える)
あなた
……あ……
あなた
(私……死んだな……)
カチャ




































ギュッ
バンッ
あなた
……
あなた
あ……あれ?
目の前が青色……











































































りーぶさんのパーカーの色だ……
りーぶ
ッ……はぁはぁ……はぁはぁ……
あなた
り、りーぶさん!?
りーぶ
よ、良かった……
あなた
あ……あ……
りーぶ
大丈夫か?(ポタッポタッ)
あなた
りーぶさん……右腕が……
りーぶ
これぐらい大丈夫……あなたちゃんを守れたからね?
あなた
う……あぁ……(泣)
りーぶ
ほらほら泣かないの。(左手であなたの頭ぽんぽん)
ジェルくん
あなた!……とりーぶ!?
さとみくん
り、りーぶ……み、右腕……
ころんくん
りーぶ!急に走…ら……な……
るぅとくん
ころん先生!立ち止まらないでくだ……さい……え?
りーぶ
これぐらい大丈夫。
あなた
ごめんなさい……ごめんなさい……(泣)
ジェルくん
な、何があったん?
さとみくん
その前にすとぷりハウスに戻ろう?
ころんくん
りーぶ。(りーぶの事をお姫様抱っこ)
りーぶ
ッ……悪いな。
すとぷりハウスなう。
ななもり。くん
あ。来た……って!?
莉犬くん
え?……大丈夫なの?
遠井さん
……手当てするわよ。
りーぶ
あぁ。
遠井さん
ソファに座ってね。
りーぶ
ん。
遠井さん
……深いわね……
りーぶ
消毒して包帯とか巻いといてくれ。
ジェルくん
で。何があったん?
りーぶ
あー
あなた
私が言います。
あなた
簡単に言うと私が殺されそうになった所をりーぶさんがハグをして……
あなた
私を守ってくれたんです。
あなた
奇跡的に右腕だけでしたけど……
莉犬くん
……りーぶ。無理しないでよ……
りーぶ
……は?
りーぶ
今ここで無理しなかったらあなたちゃん死んでたかもしれないんだぞ!?
莉犬くん
ビクッ
りーぶ
なのに無理するな?そんなの嫌に決まってるだろ!
ななもり。くん
落ち着いて……
ころんくん
そうだよ。
莉犬くん
ご、ごめ……
りーぶ
ハッ……俺もごめん……取り乱した……
???
えーこれで鬼ごっこ一日目を終わります。皆さん自由にしてください。
りーぶ
俺部屋行くわ……
るぅとくん
はい……