無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

三日目
???
これから鬼ごっこ三日目を始めます。
りーぶ
どうするか……
ころんくん
まぁ逃げるしかないけどね。
るぅとくん
一先ず走りますか?
あなた
けれど……まぁ
莉犬くん
よし。バラバラで逃げよ。
ジェルくん
すとぷりハウス集合やからな〜
ななもり。くん
はーい。
遠井さん
何かあってもすとぷりハウスに来て
りーぶ
良し。走るぞるぅと、ころん!
ころんくん
分かった!
るぅとくん
わ、分かりました!

















































































今回は特に大事がなかった……
???
これで鬼ごっこ三日目を終了します。
ななもり。くん
よし。家に戻ろう!
ジェルくん
行くで〜
りーぶ
ほいほい!
莉犬くん
ま、待って!
ころんくん
るぅとくーん行くよ〜
るぅとくん
あ。あなたさんと行くので先行っててください。
あなた
……え?
るぅとくん
あなたさん……気付いてますよね?
あなた
……
るぅとくん
今回家にさとみくんを連れて来たはずなのに……
るぅとくん
さとみくんが居ない……という事に
あなた
……
るぅとくん
予想ですが死体は消されるのでは?
あなた
ですが……連れて帰りたいですよ……
るぅとくん
……明日皆さんに言いますか……
あなた
はい……
るぅとくん
……元気出してくださいよ
あなた
(深呼吸)はい!
るぅとくん
それでこそあなたさんです‪w