無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

0
2021/06/30

第15話

空藍に対する教育など考え直してくれ
空藍のお母さん、つまりはおばさんに今学校で起きてる噂についてメールしたら、スグに既読が着いた。

その後、スグにスマホにおばさんからの着信が入ったから、騒がしい教室を後にして屋上に続く階段の元までやって来て、おばさんからの電話を取る。
樋瀬彩愛
もしもし?月希くん。空藍と月希くんが付き合ってるみたいな噂が校内で流れてるのは本当なのかしら。
長谷川月希
長谷川月希
はい。その事で空藍も凄く落ち込んでいます。今まで通り、一緒に登下校してるとさらに噂があらぬ方向に広まる可能性があるんです。
樋瀬彩愛
私の方から何かしても良いけど、そんな事したら空藍には悪影響なのよ。
おばさんは実は高校教師をしていて、地元では難関校とか言われてる国立高校で数学を教えている。

樋瀬先生の名前は広く、その名前を聞くと教師ですらも頭が上がらないような凄い先生だ。

だから、その権力を使えば噂なんてスグに消滅するに違いない。

でも、それをしても空藍の為にはならないと思っているおばさん。

確かに、何でも自分でやれる人間になれという教育は正しいかもしれねぇけど、たまには助けてやってもいいとオレは思っている。

このおばさんの教育のせいで、空藍は甘え下手になってる訳だし。自分でなんでも出来るようにしなきゃという責任感も強い。今も落ち込んではいるけど、この噂を無くす秘訣とか考えてるだろう。
長谷川月希
長谷川月希
おばさんからしたら、助ける事はそうかも知れません。でも、オレはそうは思えません。なんでも一人で出来るようにするのは早く自立をさせるにはいい教育だと思います。しかし、人は一人では生きて行けません。どこかで助けが必要になります。その時、自分の娘が誰にも頼らずに自分で何とかしようとして、体を壊したらどうしますか?責任取れるんですか?
おばさんの息を飲む音が聞こえる。でもオレは止まらない。

おばさんが空藍にしっかりした大人になって欲しいというスパルタ教育したい気持ちに何度も反発しようとしたがいい言葉が見つからなくて言えなかった。しかし、医者の父と看護師の母を持つオレからしたら、空藍の健康状況の方が心配だ。

空藍は夜遅くまで勉強して、朝もオレがいないと起きれないくらいに睡眠時間も少ない。

時間が無いからと朝もまともに食事をせずに家を出る姿を何度も見た。

目の下に隈を作ってフラフラしてて、そのまま学校で倒れて保健室に運んだことも何度かあった。

勉強は大切かもしれない。でも、ワークを決まったページ分やるより、決まった時間まで勉強して決まった時間に寝るようにしたら、空藍の体調は良い方になる。