無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

^^
140
2022/03/13 06:38




あ、



元貴がトイレから出てきた






すぐに視界に入りそうな



ところにいる先生、



元貴、、絶対気づくなよ、、、、







滉斗はもう見てられず


元貴から視線を逸らして


無事に帰ってくることを祈った










元貴
.........
滉斗
、?



静かに元貴は椅子に座った
元貴
ねぇ、滉斗
滉斗
ん?



気づいてませんように


気づいてませんように



元貴
あれって、先生だよね、?


気づいてた




え、、どうしよ、う、、




滉斗はなんも答えられず


キョロキョロしてると



元貴は小さく指を指した


元貴
完全に気づいてる
滉斗
ほんとだ、先生だ
元貴
あれって彼氏?
滉斗
えー、お兄ちゃんとかじゃなくて、?
元貴
知らない
元貴
彼氏、いたんだ、

思ったより落ち込んではいないけど



少し落ち込んでる、




滉斗
彼氏かどうかはわかんなくない?
元貴
でも、彼氏でしょ、距離感がそうじゃん




兄妹とか友達とは違う距離感



そんなこと



滉斗だって察してる



元貴
彼氏いるならいるって言ってくれればいいのに
滉斗
まあ、ね、
元貴
僕とは違って、背も高くて
元貴
お金持ちそうで、イケメンだね
元貴
お似合いってやつか、、笑




『お待たせしましたー』


注文した料理が届いた



滉斗
ありがとうございます


元貴はペコッとお辞儀をした


元貴
タイミングKYだね、笑笑笑
滉斗
だね、笑