前の話
一覧へ
次の話

第1話

斉森の二人の無能
1,129
2022/10/26 09:50
斎森香乃子
ちょっと!!
斉森美世
はい…!
斎森弥世衣
はい。
斎森弥世衣(サイモリヤヨイ)
斎森家の無能
使用人以下の扱いを受けている
斎森香乃子
このお茶、誰が入れたの?!
斉森美世
あ…
斎森弥世衣
わたくしでございます。
斎森弥世衣
お口に合わなかったでしょうか
斎森香乃子
えぇ!吐き出しそうだったわ!!
斎森弥世衣
誠に申し訳ございませんでした。
斎森香乃子
ッ〜!!!
バシャッ!!
斎森香乃子
いつもいつもあの女狐の娘がああ!!
斉森美世
ッ…!!
斎森弥世衣
斎森真一
弥世衣
斎森弥世衣
はい。なんでしょうか、当主様
斎森真一
お前に婚約の話が来ている
斎森弥世衣
…と言いますと
斎森真一
白幡家の一人息子からだ
斎森弥世衣
…対異特務小隊の隊員の方でしょうか
斎森真一
そうだ
斎森真一
美世は久堂清霞、香耶は辰石幸次とだ
斎森弥世衣
分かりました。
斎森真一
傷物を捨てるだけだ
斎森真一
幸福はないと思え
斎森弥世衣
はい。
斎森弥世衣
傷物―…
継母に茶碗などの熱いものを投げられ
火傷だらけのこの体
確かに傷物だわ
おまけに
白幡家の一人息子、白幡高俊(シロハタタカトシ)
妹の美世の婚約者となる方と同じく冷酷無慈悲だそう
久堂清霞と同じくらい冷酷とはどんな顔なのだろう

プリ小説オーディオドラマ