無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

土曜日の学校で。
関山 恵梨
掃除終わんないよぉ…
 関山 恵梨、高校2年生は、学校1のトラブルメーカーで有名である。
今日も学校内のゴミ箱をひっくり返しまくった罰として、土曜日に1人で学校を掃除しに来ている。
関山 恵梨
あれは、私が悪いわけじゃないよぉ…
まぁ、私がやったんだけどさぁ…
関山 恵梨
こんなところに空き教室はっけーん!
ちょっと、休もうかな♪
ガラガラ…
関山 恵梨
んー?結構キレイ?使われてるのかな?
ま、少しだけお邪魔しまーす!
 恵梨は、机の上の資料に目を留めた。
関山 恵梨
転校生について?転校生が来るっていうことかな?
1年生と3年生かぁ…2年生に来ないなら関わる機会も無いかもな~
そんなことをしていると、教室の外から足音が…
『コツコツコツコツ…』
関山 恵梨
だ、誰?今まで、人なんて見なかったよ…?
よく聞くと2人くらい…?
『コツコツコツコツ…』
『コツコツコツコツ…』
???
ん?確か、ここだよな?
ドア開いてるんだけど…
関山 恵梨
『ヤバい…サボってるのばれる…』