無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

第6話 🍀















卒業式の日、自分の部屋帰って、泣いた






















































この恋を涙と一緒に消せたらいいのに…



















































そう何度も思った






























































でも、どうしても消えてはくれなくて、

















































なら私は、





























































































































好きな人が幸せでいてくれれば、それでいい、
















































だから私は翌朝テテにカトクを送った、





























































"ミナとのこと協力するね!"









































と、

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

💐 봄 꽃 💐
💐 봄 꽃 💐
た ぴ お か ぱ ん . #🌙🥀
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る