無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第38話

第35話 🍀
つうぃ
つうぃ
なんで…皆…?
そこには、
ジミンとテテがいた、
じみん
じみん
え…、ツウィ?
てて
てて
ミナが呼んだの?
みな
みな
うん、
みな
みな
私から話すことがあって、
いや、くそ気まずいよ!ミナ!
なんで私呼んだのー!ってレベル
辛いいぃぃぃぃ!!!!





































































































みな
みな
私もう幼なじみでいるの、やめにする

































え?


















































つうぃ
つうぃ
え?
じみん
じみん
…え?
てて
てて
は?
じみん
じみん
どういう…こと?
みな
みな
言葉通りの意味、
みな
みな
ジミンにも彼女スルギちゃんができて、
みな
みな
そろそろ皆自由になりたいんだよ、
みな
みな
私も、もう幼なじみなんかに
縛りつけられたくない、







そう言ってるミナは、私には苦しそうに見えて、












みな
みな
ね?だからいいでしょ?





























嘘をついているように見えた、

























じみん
じみん
…ミナがそうしたいなら、
みな
みな
っ、!そっか、ありがと、


































































みな
みな
じゃあ明日からは、
"ただのクラスメイト"としてよろしく
みな
みな
──────
みな
みな
パク君とキム君は先に帰ってていいよ
じみん
じみん
っ、!
てて
てて
っ、分かった、
みな
みな
私は、ツウィと話すことがあるから、









ガチャ…バタンッ







屋上の重いドアが閉まった途端、
















































































ミナの目から涙が溢れ出した───

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

💐 봄 꽃 💐
💐 봄 꽃 💐
た ぴ お か ぱ ん . #🌙🥀
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る