無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,174
2018/10/06

第12話

頑張って
翌日
目が覚めるとめっちゃいい匂いする
you
ジフン…?
ジフン
ジフン
あ、あなたおはよ
優男のジフンが作ってくれてましたわ
ジフン
ジフン
どうぞ
出されたのはオシャレなサンドウィッチ
you
うわ、美味しそ!
ジフン
ジフン
あなた昔からサンドウィッチ好きだもんね
さすが幼馴染。
昔の事とか覚えてくれてるんだ!

それに比べてグクは…
絶対付き合った頃とか覚えてないよね
you
ジフン
ジフン
あなた?
you
…ッあ、ごめん考え事してた
ジフン
ジフン
…グク君のこと?
you
…うん
ジフン
ジフン
…あなた、実は僕はねずっとあなたのことが好きだったんだ。やっと再会できたって言うのにあなたには好きな人がいたし…(苦笑)

でも、大好きなあなたを僕は応援してる。あなたには幸せになって欲しいからね

…グク君のところへ行ってきなよ
突然の言葉に頭が真っ白になる
…ジフンが私を、、、好き?
そして私を応援してくれてる

ああ、なんでそんなに優しいのかな

私はジフンの優しさに弱い
you
私も、好き…
ジフン
ジフン
ㅋㅋ
優しいね、あなたは
優しいのはどっちがだよ
ジフン
ジフン
ほら、行ってきなよ

いつでもここに来ていいからさ
好きな人を応援するってすごく苦しいことなのにジフンは、すごく背中を押してくれた…

グクとも話し合いたい…
you
…ん、行ってくる
玄関の戸を閉める時、ジフンが”頑張って”って、笑顔で言ってくれた


でも、その笑顔は悲しそうだった___