無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,235
2018/10/07

第13話

別れ
ピンポーン
you
自分の家なのにインターホン押すって…(苦笑)
あれ、全然出てこないじゃん
もう、なんなんだよ
入るよ?いい?
家に入ってリビングの方へ行くとボインの美人さんとグクが

”きす”

していた。…なんでなの?

そんなに私じゃ物足りなかった?

グクと目が合った

すっごいびっくりしてる

あーあ、もうバカみたい

自分だけが好きでやっと付き合えたって言うのに




もう恋なんてしたくない






私はすぐに家を出た

でも、出た瞬間に後ろからハグされた

グク
グク
あなた…ッ
私の名前を宝物のようによばないでよ
you
グク
グク
こっち向いてよ
グク
グク
あ、嫉妬した?
一応彼女なんだしさするに決まってんじゃん
you
グクを睨もうとして振り返ったら唇が重なった
you
…ッ!?
嫌だ…ボインの美人さんと、してたクセに
you
や、めてっ!
グク
グク
…は?
you
あの人とキスしてたクセに
グク
グク
してない
you
してた
グク
グク
…俺からはしてないし
は、俺からは?

あっちからしてきたってことだよね?

うわ、結局してんじゃん
you
意味わかんない
グク
グク
何が
you
いきなりあの美人さんが来て?
あなたがいるのにすっごく仲良くしてたし
あなたが出ていった後もどうせしばらく気付いてなかったでしょ?

ぐちゃん、やっぱりモテるもんね、
あなたは遊びだったんだよね
それならもうさ、

別れよっか?


グク
グク
は、遊びなわけないし
あなたこそジフンって奴の所ばっか行って俺の事好きなんかじゃないんじゃねえの?ㅎㅎ

こんな苦しいのならあなたとなんか付き合わなきゃよかった
you
…ばいばい、ちょん君
グク
グク
…ッ
コレで私たちはもう終わり。
何もかも終わったんだよ