無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,297
2018/10/07

第14話

グクside
ハグだけ、そういう設定だったのにヌナはキスしてきた

ヌナはキス魔だからどんな男でも快感に溺れる。

それと同時に玄関からは音がする

やばい。あなただ。

そう思った時はもう遅くてあなたと目が合った

あなたは静かに出ていった

今追いかけなきゃ絶対後悔する

僕はそう思ってあなたを追いかけた
グク
グク
あなたッ…
あなたを後ろからハグする

あなたからは、いつもとちがう、誰かの匂いがした
グク
グク
こっち向いて
グク
グク
あ、嫉妬してる?
you
あなた、泣きそうだ

嫉妬してくれたんだ…
あなたが振り向く

その時俺はキスをする
you
や、めてっ!
グク
グク
は?
you
あの人とキスしてたクセに
グク
グク
してない
you
してた
グク
グク
…俺からはしてない
したのは認めるけど

したくてしたわけじゃないし?
you
……


別れよっか
…は?

わ、かれる?
そんなの嫌だ

こんなにも胸が苦しいのははじめて
グク
グク



こんな苦しい思いするんだったらあなたと付き合わなきゃよかった
…思ってもない言葉をいってしまった
you
…ばいばい、ちょん君
”ちょん君”そう呼ばれて理解した
俺たちはリセットされるんだ。

恋人でもなく友達もなくただの”クラスメート”に