無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,387
2019/06/14

第4話

3
「失礼します」
テヒョン
テヒョン
来たか
クラスの女子
クラスの女子
テヒョン先生何ですか💕
テヒョン
テヒョン
お前らワーク忘れただろ
テヒョン
テヒョン
もう良いぞ帰って
クラスの女子
クラスの女子
え〜うちらまだ先生とか話してたい
テヒョン
テヒョン
ん〜俺も話したいんだけどいっぱい用事があって
クラスの女子
クラスの女子
は〜い
「失礼しました」
テヒョン
テヒョン
あ、あなただけは残って
あなた
あなた
え?
クラスの女子
クラスの女子
え?
ジョンヨン
ジョンヨン
え?
クラスの女子
クラスの女子
あなただけずるーい
テヒョン
テヒョン
良いから、じゃあな
「ガラガラ」
あなた
あなた
で、話って何ですか?
テヒョン
テヒョン
お前、本当にワーク忘れてただろ
あなた
あなた
ち、違いますよー。他の子たちと一緒ですよ
テヒョン
テヒョン
へーじゃあ俺のこと好きって事ね
「バタン」
テヒョン先生は私の事を机に押し倒してきた
あなた
あなた
せ、先生⁈