第30話

29話
6,399
2024/03/21 08:55

爆豪
お前、何言ってんだ?
爆豪
人を殺すって、...どうゆう事だよ、










あなた
ばくごー、っ
死柄木
聞いたかヒーロー
死柄木
人を殺したことのあるアイツをヒーロー
志望としてどう思う?
死柄木
軽蔑するだろ? ハハッ、こりゃ傑作だ



死柄木はお構い無しに面白おかしく喋り続ける


死柄木の無神経さにも腹立たしいが

死柄木に言い返せないことの方が更に腹立たしい









爆豪は今、どんな顔をしてるだろう




本当は違うが、同じヒーロー志望のクラスメイトが

人を殺したことがあるだなんて知ってどう思う?



驚くのか、怒るのか、笑うのか

それとも死柄木の言ったように軽蔑するか














色々な思いを巡らせつつ、爆豪のいる後ろを振り向く



あなた
...! 嘘でしょ、ッ!!



目に入ったのは、爆豪の更に後ろにいる呪霊




その呪霊は爆豪に襲いかかろうとしており、

爆豪は見えないのか気づいてないのか

何も反応を示さない

あなた
クソッ!!


私は無我夢中で走る



私が急に爆豪の方に走り出したからか、

爆豪は目を見開いて驚いた顔をしてコッチを見てくる





私が爆豪を殺そうとしてるのかと思っているのかな

そんな意味で驚いているようにも見えなくもない




















早くしなければ、と懸命に走っていると

爆豪は既に目と鼻の先にいた



手を伸ばせば爆豪に触れられる距離








私は爆豪の肩を強く掴み、呪霊のいない方向に押した




爆豪
なっにしやがるんだテメッ、!




爆豪が安全なところに行ったのを確認して

背中に掛けていた薙刀を手に取る




そして、呪霊目掛けて一振するが避けられて空ぶり、

呪霊が私の目の前に一気にグイッと距離を縮めた






とてつもなくヤバい状況だと分かっているのに、

この光景は以前にも体験したような気がして

何だか気持ちが落ち着かない









そしてもう一丁ッ!!

と、心の中で唱えて薙刀を振り下ろしたが




















‌ ‌ ‌ ‌ ‌ ‌ ‌ ‌ ‌ ‌‌
ばぁ!!!




ヤツが再び現れた



















next

プリ小説オーディオドラマ