第24話

23話
8,260
2023/03/02 14:43

バスに揺られてつい眠たくなってしまい

うたた寝をしていると、目的地に到着したらしく

隣に座っていた轟に起こされた


着いたぞ、起きろ
あなた
......ん、
あなた
...起きた起きた、



ままだ意識がハッキリせず、ボーッとしながら

バスの窓から外を見てみた



すると、相澤先生がコッチを見ていて

いかにも、「 早く来い 」とでも言いたそうな

顔をしていた









寝起きに怒られるのは勘弁して欲しいため

私は轟の手を借りて、そそくさとバスから降りた





























みんなの後を追いかけて、着いた場所は立派な建物




その建物は訓練会場で、USJと言う名前らしく

大きなドームの中には水場や、雨風が激しい場所、

岩がゴツゴツと沢山ある険しい場所もあった






最初に相澤先生が言っていた、「 設備が整っている 」

というのは、どうやら本当のことだったらしい










そして相澤先生に続き、轟と一緒に列の後方にいると

私がコッチの世界に来た直後にもいた、

宇宙人みたいな先生がいた




その人はどうやら13号という名前のようで

今更ながら、自己紹介をしていた









途中、ヒーローについて語っていたらしく

クラスメイトが拍手を送る中、

私は理解出来ず、轟の顔に目線を移してみると

轟も理解出来ていない顔をしていたため

コッチも安心してしまった






























13号の長い話は終わり、いよいよ本命である

人命救助レスキュー訓練が始まろうとしていた





みんな楽しみだったのか、

周りから明るい声がチラホラと聞こえてくる
































でも楽しい時間は一瞬にして過ぎ去り

悪夢と化す



































ズ ズ ズ ズ ...






噴水辺りに黒い渦の様な物が現れる

これも訓練の一環かと思い、階段から見上げていると

それに気づいた相澤先生が私達に向かって叫ぶ


相澤
一かたまりになって動くな!!



そう言われ、クラスの奴らは驚いて目を見開く




渦の中から出てきた人物は、目をギョロッとさせて

気味の悪い笑みを浮かべる


相澤
13号、生徒を守れッ!!!



アレが一体何なのか、私には分からないけど

コッチの世界では悪役的存在なんだと理解できた




きっとヒーロー達は途方のない悪意と向き合い、

戦っているのだろう













next


♡ × 120 ➥



ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
分かる方は分かると思うんですけど、
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
いま夢小説界隈が色々とあるじゃない
ですか、、!!
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
なので事態が落ち着くまではフォロワー様限定にしようと思います、


ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
自分勝手な行動ですみません、、、

プリ小説オーディオドラマ