無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

427
2019/03/17

第7話

7話
私は優太君の後ろを歩いた
優太
優太
(家も覚えてないんか……)
あなた

ん?待って

優太
優太
こ、
ここって言おうとした時あなたはなんか言った
あなた

待って。ここ!覚えてる

優太
優太
えっ?
あなた

ここ、優太君の家?

優太
優太
う、うん
あなた

中入っていい?

優太
優太
う、うん
俺はそっと鍵をあけ、ドアを開け、
あなた

優太……?優太……?

優太
優太
えっ?!まさか!




優太

俺はまさか、あなたの記憶思い出した?

そう思ってた。

だけど、一瞬だった
あなた

優太!私覚えた!結婚約束したんだよねっっっ!


アイツは倒れた
優太
優太
えっ?
優太
優太
救急車。救急車






気になるところですが!また、次へ!!

お楽しみに!