無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

446
2019/03/19

第8話

8話
私は今病院のベッドで眠ってる

その時先生に呼ばれた優太は話を聞いていた
先生
あなたさんは………記憶を覚えようとして、、、倒れたんだと思います。あなたを記憶覚えだそうと、だしたいと、言う気持ちは分かります。だけど、記憶に体調がかかるので、だんだん。覚えてくので、それまでは
優太
優太
(俺のせいじゃない…………。全部アイツが、覚えようとしてる……)はい
優太
優太
(覚えようとしてくれてちょっと嬉しかった、だけど、負担かけたの俺だ)













そう言われ。優太は決めた。。いっぱいアピールする。なるべく、思いでの場所には行かない








そう決めた














ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
短くてすいません!

忙しくて…………勉強がぁ……(ダルイですぅ………)

勉強終わったら、ちょっとなくなったら、

また、出していきます!

すいません。宜しくお願いします❗️